【実録】保育士歴18年のママがおすすめする子育てルーティーン|子育てが楽になる習慣術

こんにちは。

現役保育士の のん です。

仕事・家事・育児に追われて大忙しのママ達、毎日お疲れ様です。

「どうしたらもっと効率的に動けるんだろう」

「どうしたら子どもが自分のことをやってくれるんだろう」

上記のようなお悩みは、ルーティーン作りで解決します。

今回は子育てが楽になるためのルーティーンの作り方について解説します。

この記事でわかること

  • ママのルーティーン
  • 子どものルーティーン
  • 子どものルーティーンを作るための言葉かけ
  • 休日のルーティーン

この記事を読むと、子育てが楽になる習慣術がわかります。

著者の紹介

  • 保育士 ( 18年目 )
  • 息子が2人( 現在は中2と小6 )
  • 子どもを保育園に預けて働いていたワーママ

子どもが小さいころは、めまぐるしい毎日をおくっていました。

そんな日々の中で見つけだした「子育てが楽になるルーティーン」をご紹介します。

なお、フリーランスママさんが書いたルーティンに関する記事もあるので、あわせて読んでみてください。
子育てママが楽になる!?おすすめの生活ルーティン【保存版】

  ワーママ向けキャリア支援サービス
  サービス名   特徴   詳細
  リアルミーキャリア 仕事と育児を両立する時短正社員に特化した転職エージェント 詳細を見る
  ミイダス 市場価値が無料で診断できるコンピテンシー診断とパーソナリティ診断が人気 詳細を見る
POSIWILL CAREER 20〜30代のキャリア相談受講者数No.1【Zoomでの無料面談あり】 詳細を見る

迷いをなくすルーティーンで子育てが楽になる

子育て中は【迷い】をなくすと楽になります

なぜなら迷った分だけ脳のエネルギーを消耗するから。

子育て中はやらなければいけないこと、考えなければいけないことがたくさんあります。

生活をルーティーン化することで、不必要な迷いを捨ててしまいましょう。

家事は朝に片付ける

家事は朝に片付けるのが得策です。

朝はタイムリミットがあります。

限られた時間の中で家事を片付けなければいけません。

「締め切り効果」を利用して、いっきに家事を片付けてしまいましょう。

※締め切り効果とは

 

人は「締め切り」があると、それに間に合わせようと爆発的な集中力を発揮します。

「時間があるときはなかなか進まなかったタスクも、締め切り間近だと短時間で片付いてしまった」という経験、ありますよね?

【わたしの場合】

  1. 洗濯機を回す
  2. 朝ごはんの準備
  3. キッチンの片付け
  4. クイックルワイパーをかける
  5. 洗濯物を干す

家を出る時間に間に合わせるよう、一心不乱に取り組みました。

服は上下3着ずつを着回す

服は上下3着ずつあれば十分です

多ければ多いほど「今日はどれを着よう」という迷いが生じます。

わたしは現在、2着を交互に着ていますが、子どもが小さいころは突発的に汚れることもあったので、3着用意していました。

3着とも厳選したお気に入りの服なので、飽きることはなかったです。

洋服ダンスの中もスッキリ片付きます。

 

【わたしの場合】

保育士なので、以下の服が3枚ずつあれば十分です。

《夏》Tシャツ

《春・秋》カーディガンもしくはパーカー(Tシャツの上に着る)

《冬》ヒートテックインナー、ハイネックニット、トレーナー

ボトムスも、ズボンが3枚あればOK

自分に合う髪型を知っておく

自分に合う髪型を知っておけば、朝のセット時間を短縮できます。

自分の髪質や毛量などを把握し、一日通して乱れにくい髪型をみつけましょう。

 

【わたしの場合】

  • 髪質→量多め・くせ毛
  • 髪の長さ→肩下をキープ(まとめやすいように)
  • ヘアスタイル→全体を2回ほど編み込み、下の方でおだんごヘアー

保育士なので髪がバサバサしないように、という点もありますが、わたしの髪質的におだんごヘアーが1番しっくりきます。

自分に合う髪型がみつかれば、朝のセットは3分ほどで完了です。

食事のメニューを決めておく

食事のメニューをおおまかに決めておきましょう。

「今日のご飯は何にしようかなぁ」と考える時間を省くだけでも余裕が生まれます。

得意料理をリスト化して冷蔵庫に貼っておくのもオススメです

 

【わたしの場合】

ご飯とみそ汁を基本として、主菜は肉と魚を交互に取り入れるようにしていました。

副菜は和え物かサラダです。

我が家では「みそ汁に野菜が入ってるからOK!」と副菜を省略したり、「今日は疲れちゃったからテイクアウト」という日が続いたりもしましたが、子どもたちはスクスクと元気に育っていますよ。

夜は子どもと一緒に就寝

夜は子どもを寝かしつけるタイミングで一緒に寝ます。

「子どもが寝たら〇〇しよう」とか「寝落ちしないようにしなきゃ」とか考えていると、エネルギーを消費します。

疲れているので、横になれば眠たくなるはず。

まぶたが閉じるのをガマンせず、一緒に寝てしまうのがオススメです

 

【子どもと一緒に早寝するメリット】

  • 子どもとゆったり向き合える
  • 寝落ちしてしまった罪悪感をもたなくていい
  • 十分な睡眠時間を確保できる

疲れた脳と身体をリセットして、また明日元気に活動しましょう。

子どものルーティーンづくりで子育てが楽になる

子どもの生活にもルーティーンをつくってあげれば、子育てが楽になります。

子どもは「いつも同じ」が大好きです

なぜなら「次に何があるのか」見通しをもてる生活は安心するから。

さらに「いつも同じ行動」を繰り返していると、自分で考えて動けるようになります。

子どもが自分で行動できるようになると、親が手をかけることも減り、子育てが楽になっていきます。

朝のルーティーン

【我が家の場合】

  • 朝ごはんを食べる
  • トイレで排泄を済ませる
  • 着替える
  • 保育園に行く準備をする

朝に意識した子どもの行動は上記の4点です。

 

子どもがタイミングを逃さず行動できるように、わたしが起きてすぐにすることは以下の3つでした。

  • 朝ごはんの準備
  • 着替えを出す
  • 保育園に持っていくものをカゴに入れる

子どもが自分で行動できるための環境づくりが重要です。

夜のルーティーン

【我が家の場合】

  • カバンの中身を片付ける
  • 夜ごはんを食べる
  • お風呂にはいる
  • 歯磨きをする
  • 寝る

帰宅してからのルーティーンは上記の5点です。

「忙しくてなかなか子どもとの時間がとれない」と悩んでいるママは、夜のルーティーンが子どもと向き合う時間だと意識してみましょう。

あえて《子どもと遊ぶ時間》を作らなくても、ごはんを食べているとき・入浴しているとき・添い寝しているときが子どもと向き合うチャンスです。

子どもの言葉に耳を傾け、ぎゅっと抱きしめ、1日分の「大好きだよ」の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

子どものルーティーンづくりで大切なこと

子どものルーティーンづくりで大切なことは以下の3つです。

  • 子どもが自分で行動できるための環境づくり
  • 十分な時間の確保
  • カゴを活用する

ひとつずつ解説します。

子どもが自分で行動できるための環境づくり

子どもが自分で行動できる環境にしておきます。

子どもは何がどこにあるか分かれば、主体的に行動できます。

以下の点を意識して、環境をつくってみましょう。

  • いつも同じところに置いておく
  • 手の届くところに置いておく
  • ひとつの場所にまとめておく

物を置く場所が定着するまでは、写真やイラストを棚に貼ると子どもにもわかりやすいですよ。

十分な時間の確保

子どものルーティーンが身につくまでは、自分で行動するための時間を十分に確保します。

「早くっ!」と急かせば、子どもはやる気や自信を失ってしまいます

保育園の準備にしても、着替えにしても、大人のように手早くはできません。

子どもが最初から最後までやり遂げるための時間を把握して、多めに時間を確保しておきましょう。

カゴを活用する

子どもが自分で物を管理するにあたって、カゴの活用をオススメします。

【カゴのメリット】

  • モノの出し入れがしやすい
  • モノが見えやすい
  • モノが散らばらない

カゴに必要なものをまとめておきましょう。

たとえば…

  • 着替えセット(Tシャツ・ズボン・靴下)
  • 保育園の準備セット(おしぼり・お弁当箱・箸箱)
  • 遠足の荷物セット(水筒・お弁当・おしぼり・シート・帽子)

ママがカゴの中に必要なモノを入れておけば、あとは子どもがカゴの中身を処理するだけです。

終わったか、終わってないかも一目瞭然です。

100均のカゴで十分です。

兄弟がいる家庭では、カゴの色を分けておけばわかりやすいですね。

子どもがルーティーンを身につけるための言葉かけ

ルーティーンが身につくまでは、大人の言葉かけが必要です。

「〇〇しなさい」ではなくて、子どもが自分の行動を自分で決定できる言葉を選びましょう。

「〇〇できた?」

やっていないとわかっていても、「〇〇できた?」とききます。

できたか・できていないかを問うためではなく、行動を思い出させるための問いです。

「保育園の準備できた?」ときいて「あ、そうだ。忘れてた。」と思い出せればOKです。

明らかに保育園の準備ができていないとわかっていても、気づかないフリをしてたずねましょう。

「〇〇の前にすること、なんだっけ?」

習慣が身につきつつある子どもには「〇〇の前にすること、なんだっけ?」という言葉かけも有効です。

「テレビの前にすること、なんだっけ?」ときけば「あ、保育園の準備するんだった!」と思い出せます。

何回も繰り返しているうちに《 保育園の準備→テレビを見る 》というルーティーンが身についていきますよ。

「テレビの前にすること、なんだっけ?」ときいて「保育園の準備!」と返ってきたら、(今まで忘れていたことは置いといて)「さすが!よくわかってるね。」と誉めます。

きっと、あっという間に保育園の準備が終わるでしょう。

「もちろん〇〇は終わってるよね?」

ときには「もちろん〇〇は終わっているよね?」という言葉かけもオススメです。

たとえば「もちろん保育園の準備は終わってるよね?」と聞かれて、終わっていなければ「あ、今からやるところだったよ」と行動に移せます。

終わっていれば「もちろん終わってるよ!」と自信満々に答えてくれますよね。

「もちろん終わってるよ!」という返事が多く聞かれるようになる頃には、子どもの生活もかなりルーティーン化されていることでしょう。

「時計の針が◯になったら出発するからね」

子育てに時計を使うのは有効です。

なぜなら時間の経過が見てわかりやすいから。

まだ時計が読めなくても、数字がわからなくても、シールを使えば大丈夫です。

 

もし30分までに保育園の準備をしてほしいのなら、時計の6にお気に入りのシールを貼りましょう。

そして子どもに「長い針がこのシールのところにくるまでに保育園の準備をしようね」と伝えます。

ときどき「あ、長い針がもうすぐ6になりそう!」とか、長針が動いていることを意識させながら。

タイムリミットが目で見てわかれば、子どもも行動にうつしやすくなりますよ。

「時計の針がいくつになったら〇〇する予定?」

数字がわかるのであれば、子どもの予定を聞いてみましょう。

「時計の針がいくつになったら〇〇する予定?」と聞けば、子どもも考えます。

「3になったらやる!」と自分で決めることが大切です。

大人に「早くやりなさい!」と言われるよりも、自分で「時計の針が3になったら始めよう」と決めた方が気持ちよく行動できますよね。

子どもが生活ルーティーンを身につける上で大切なのが【主体性】です

子どもが自ら「よし、やるか」と思える声がけをみつけていきましょう。

【休日の過ごし方】お昼寝するルーティーン

「お昼寝しないと夕方に機嫌が悪くなるから、保育園と同じ時間にお昼寝させたい」というママのために、子どもがお昼寝できる休日のルーティーンをご紹介します。

車を所有していることが前提となりますが、わたしは以下のルーティーンで休日の生活リズムを整えていました。

よかったら参考にしてみてくださいね。

晴れの日は午前中に公園へ

晴れの日は車に乗って、午前中に公園へ出かけていました。

となりの県まで足を伸ばすこともしばしば。

開園と同時に入れるように出かけていました。

午前中は公園でたっぷり身体を動かし、お昼を食べてから車で帰ります。

たくさん遊んでお腹も満たされた子どもは車に揺られれば、5分で眠りにおちます。

自分も眠たくなれば途中で駐車して、しばしのお昼寝タイムです。

15時頃に帰宅して子どもを起こせば、午後も機嫌よく過ごせることでしょう。

雨の日は昼食後に図書館へ

雨の日は公園へ行けないので、図書館を利用しましょう。

図書館への行き道、もしくは帰り道で車に揺られてお昼寝する作戦です。

ポイントは

  • 午前中ではなく、お昼を食べたあとに行く
  • 朝は平日と同じ時間に起こす
  • 家から近い図書館にこだわらず、お気に入りの図書館をみつける

図書館では、子どもと一緒に絵本やDVDを楽しめるのはもちろん、幼児向けのイベントを開催しているところもあります。

雨の日の休日は家にこもっていると親も子どもも息が詰まります。

時間を見計らって図書館へ出かけ、子どものお昼寝タイムも確保してみてはいかがでしょうか。

おわりに

生活をルーティーン化すれば迷いが減り、子育ての負担が軽減します。

しかし大人が良かれと思って作ったルーティーンでも子どもに合わない場合もあります。

子どもの様子を見ながらお互いが気持ちよく生活できるルーティーンをみつけていけるといいですね。

この記事を読んだ方におすすめの記事

【保存版】大人の自己分析は難しい?ワーママ・パパでも簡単にできる方法
【保存版】ワーママ・パパにおすすめの転職エージェント・転職サイトまとめ
【保存版】時間がないワーママ・パパでも在宅で出来る副業まとめ
【保存版】ワーママ・パパが副業でWordPressブログを始める手順