【ストレス高すぎで疲れた】中間管理職を辞めたいと思った時の対処法

Pocket

更新日 : 2018-10-09

管理職のストレスが我慢の限界だ!もう辞めてやる!と思っている方向けに書いた記事です。

『管理職のストレスを軽減する方法ってあるの?』
『管理職辞めるメリットとデメリットは?』
『管理職を降格して平社員に戻るのってあり?』

こんな管理職の疑問を解決していきます。

1社目で管理職を降りて平社員に戻ったけど居心地悪すぎて、すぐに転職した実体験をベースに記事をまとめました。

 

  厳選!おすすめ転職エージェントランキング
  エージェント   年代と特徴   詳細
ビズリーチ 【30代〜50代】現年収600万以上のハイクラスに特化 詳細を見る
リクルートエージェント 【20代〜40代】32万人以上!転職成功実績No.1 詳細を見る
doda 【20代〜35歳】転職者満足度No.1。非公開求人多数 詳細を見る

ランキングをもっと見る

管理職が合わない・辞めたいと思っているのはあなただけじゃありません

管理職をやっていればストレスが大きいので1度や2度は『管理職辞めたい』と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

実は、私もそのひとりです。

Twitterで検索してみると、


たくさんいますね…笑。

ではなぜ、多くの人が管理職を辞めたいと考えるのでしょうか?

周囲の管理職にヒアリングしてみたところ、管理職を辞めたいと考える理由は以下の意見が多かったです。

  管理職を辞めたい理由

  業務量や会議が多くなり働く時間は長くなるけど、残業代はつかない
  働く時間が伸びるから、家庭やプライベートの時間を大切にできない
  業績などのプレッシャーが平社員時代の比ではない
  上司と部下の板挟みに合い、事あるごとに苦しいと感じる
  部下を叱るなど人に言いにくいことを言わなければいけない憂鬱な機会が多い

『あるある』と思った方も多いのではないでしょうか?

あなた以外にも、これらの理由で管理職を辞めたいと思っている人が多くいることがわかりましたね。

管理職に向いていない・辞めたいと思った時の対処法


次は、管理職を辞める前に試してい欲しい対処法を解説します。

管理職が合わない・辞めたいと思う理由はいろいろありますが、総じてストレスが大きすぎて我慢の限界という感じではないでしょうか?

たくさんの管理職の人を見て気がついたのですが、管理職になる人は責任感が強い人が多いためか自分で自分を追い詰める節があります

これをやめるだけで心が軽くなったり、状況が好転するケースを過去に何度も見てきました。

今しんどいと感じている人は一つでもいいので試してみてください。

思い込みで自分の期待値を上げて何でも自分でやろうとするのをやめる

【よくある思い込みの例】

『この案件は、自分(もしくは自分のチーム)だけの力で解決しなければいけない』
『これを失敗すると自分のせいで、周囲に大きな迷惑がかかってしまう』
『(具体的な指示は受けていないが)この案件は、自分がやるべきだ』

など責任感が強ければ強い人ほど、自分を追い込みがちです。

しかし、本当に自分の力だけで解決すべき案件はそれほど多くありません。

会社や上司は、問題の解決を望んでいるのであって、あなただけの力で問題を解決して欲しいと望んでいるわけではないのです。

会社や上司はあたなにスーパーマンになってほしいと願っているわけでもありません。

責任感からくる思い込みで、自分の期待値を上げすぎていませんか?

少し肩の力を抜いて、深呼吸しましょう。

自分で自分の期待値を上げる前に、まず上司や社長に自分に期待していることを聞いてみましょう。

そうすると、少し手を抜いても大丈夫な案件がわかったり、別の人に任せても問題ない案件が見えてくるので、ずいぶん楽になるはずです。

自分の弱みを見せるなどの自己開示をして、周囲に助けを求める

2つ目は『周囲に助けを求める』です。

自分はこれが苦手ですが、実は一番効果があります。

管理職としてうまく立ち回れていない時は周りが敵ばかりに見えます。

しかし、よく考えてください。

同じ会社の人って、本当は仲間のはずですよね?

思い切って上司・部下・同僚に助けを求めてみましょう。

相談に乗ってくれたり、仕事を手伝ってくれたり、人を紹介してくれたりするはずです。

実際に困っている状況が好転することも嬉しいですが、何より仲間がいることがわかるとホッとしますよね

勇気を出して周囲に『助けて』と言うだけなので、ぜひやってみてください。

もし助けてくれる人が誰もいなかったら、その会社は辞めたほうがいいと思います。

そのキツい状況が改善する見込みが極めて低いからです。

マネジメントや管理職の経験が豊富なメンターを社外でもいいから探す

3つ目は『メンターを作る』です。

困ったときに相談できる経験豊富なメンターを作ることはとても有効です。

ピンチの時に相談できたり、アドバイスをもらえるのは非常に助かります。

自分ひとりで考えて対処するより成功確率が上がりますし、何より心が楽になります。

社内にそういったメンターを見つけることができればベストですが、社外でも構いません。

『社内で結果を出している人』『同業界の人』『憧れの生き方をしている人』『昔から尊敬している人』自分もこんな人になりたい!と思う憧れの人にメンターになってもらえるようお願いしてみましょう。

行動しない限り誰もメンターになどなってくれませんが、お願いしてみると案外快く引き受けてもらえるものです。

見つけるのが大変であることは否定しませんが、効果は絶大です。

管理職を辞めるメリットとデメリットについて


続いて、管理職を辞めるメリット・デメリットにも触れておきます。

管理職を辞めるともちろんストレスから解放されるなどのメリットもありますが、デメリットもありますのできちんと理解した上で決断しましょう。

  管理職を辞めるメリット

  管理職特有のストレスから開放される
  仕事の時間が減少して、自分の時間が増えるためプライベートが充実する
  実務に戻れるため、スキルや専門性を磨いて市場価値を高められる

  管理職を辞めるデメリット

  役職手当がなくなるため減給したり、その後給与アップしにくくなる(日本では管理職のほうが収入が高くなる傾向がある)
  降格させられて可愛そうという周囲の目が気になったり、惨めな気持ちになることがある
  以前は自分で決裁できたレベルの仕事でも、上司に確認する必要があり面倒

金銭的なデメリットが発生するケースも多々あるので、特にご結婚されている方はご家族に相談して決められることをおすすめします。

管理職を降りて、平社員に戻るのってありなの?

結論から言うと『あり』です。が、まあまあ『しんどい』です。

例え、自分の意思で管理職を降格して平社員に戻っても、周囲の目は気になるものです。

『●●さんは降格させられて可愛そうだ』という目で見られるのはさぞしんどいでしょう。

私自身も管理職を自分の意思で降格した経験がありますが、1年持たず転職の道を選びました。

管理職をどうしても辞めたい場合、転職のほうがストレスが少ないケースが多いと思います。

ちなみに私は現在、転職先で管理職をしていますが、管理職を辞めたいとまったく思っていません。

むしろ楽しんでやれています。

同じ管理職でも会社によって全然違うので、環境を変えてみるのは一つの手かもしれませんね。

転職を検討する場合、一度『ビズリーチ』に登録してどんな求人があるか確認してみてください。

ハイクラス向けの転職サイトなので、管理職求人じゃなくても年収が高い案件が多いです。


【TVCM公開中】ビズリーチ公式サイト
3.8

  ビズリーチ公式サイト :

https://www.bizreach.jp/
※【TVCM公開中】ビズリーチは、会員登録するだけで8,600社以上の厳選企業や2,600名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトが届きます。しかも、会員登録は無料です。年収アップ事例多…続きを見る


ビズリーチ』のような転職サイトではなく、プロに相談して転職活動を進めたい場合は、転職エージェントの利用をおすすめします。

  大手転職エージェント

  • リクルートエージェント | 32万人以上が利用した転職成功実績No.1の転職エージェント。幅広い選択肢を探したい人におすすめ。
  • doda | 転職者満足度No.1。業界最大級の求人数で、非公開求人も多数。20代-30代におすすめ。

管理職を辞めるにしても、現職で降格するのと転職先で平社員から始めるのは雲泥の差です。

その後のストレスなども考えると、私は断然転職する派です。

一番問題なのは、辛くて辛くてたまらないのに我慢し続けることです。

我慢し続けた結果、病気になったりすると取り返しがつきません。

今見えている世界が全てではありません。

もっともっと働きやすい職場、働きがいを感じる職場が世の中にはたくさんあります。

勇気を持って一歩踏み出してください。


転職エージェントランキング




Pocket