ビズリーチに登録してもスカウトが来ない時の対処法【具体例あり】

Pocket

更新日 : 2018-11-25

こんにちは!転職エージェントナビ編集部です。

この記事は、『ビズリーチ』に登録したけど全然スカウトが来なくて困っている方に向けて書いています。

もう少し具体的にすると、

『他にも同じようにスカウトが届かない状況の人いるの?』
『どうすればスカウトが届くようになるの?』

という疑問にお答えする記事です。

単刀直入に言うと全然スカウトが来ない方は、以下のいずれかのパターンであることがほとんどです。

  スカウトが来ない2つのパターン

  1. 登録情報が不足しているだけのパターン
  2. 高年収層をターゲットとしたビズリーチの求人やヘッドハンターの層に合わないパターン

前回の転職活動で『ビズリーチ』を利用して100通以上スカウトをGETした同サイトの管理人(人材業界出身)が解説しているので記事の信憑性は高いです。

なお、この記事はスカウトが来ない時の対処法については詳しく解説していますが『ビズリーチ』のサービスの詳細には触れていません。

サービスの詳細や特徴を知りたい方は関連記事をどうぞ。


  スカウトが届く転職サイトランキング
  転職サイト   年代と特徴   詳細
 ビズリーチ 【30代〜50代】現年収600万以上のハイクラスに特化 詳細を見る
  キャリアカーバー 【30代〜40代】厳選された優秀なヘッドハンターからスカウトが届く 詳細を見る
  ミイダス 【20代〜30代】驚異の書類選考合格率100%のスカウトが届く 詳細を見る

スカウトが来ないのはビズリーチだけ?それともキャリアカーバーなど他の転職サイトも?

まず、スカウトが来ないのは『ビズリーチ』だけなのか、その他転職サイトも同様なのか切り分けることが重要です。

特にほとんどの方が併用されているであろう高年収層向けの転職サイトキャリアカーバーでもスカウトが来ないのかどうかを切り分けることが重要です。

もし、万が一まだ登録されていない方がいらっしゃれば、こちらからどうぞ。
ビズリーチに登録した情報をコピペすれば数分で登録完了します(笑)

キャリアカーバー公式サイト :

https://careercarver.jp/
※【完全無料】キャリアカーバーは、ハイクラス転職を支援するリクルートのヘッドハンティングサービスです。会員登録すると非公開求人情報など会員限定の情報を閲覧でき…続きを見る


どの転職サイトからもスカウトが届かない場合、色々問題がありそうなのでスカウトメールの仕組みがよくわかる関連記事を読んでみてください。

他の転職サイトではスカウトが届くのに『ビズリーチ』だけスカウトが来ないという場合は、以下の対処法を読み進めてください。

パターン① : 登録情報が不足していてビズリーチからスカウトが来ない

ビズリーチ』でスカウトが来ないと思っている人の大半の理由がこれです。

このパターンをクリアするために、まず採用担当者がどのような流れでスカウトを送るのかを把握しましょう。

採用担当者がスカウトを送る流れ

①会員データベースで対象になりそうな候補者を[在籍企業][経験業界][経験職種][スキル]などで検索して絞り込みをかける

②絞り込みをした検索結果一覧の中から[職務要約][職務経歴]などをざっと見て絞り込んでいく

[業務内容][スキル]の情報を読み込んで、スカウトを送る人を選定する

④送る人に合ったスカウトメールを作成して、送信する

スカウトを受けるためには、まずは①で検索にひっかかかるよう情報を登録しておく必要があります。

その後、②③で採用担当者の目を引くことが重要です。

目を引くためには、検索結果の上位に表示されたり、[職務経歴][業務経験][スキル]などがマッチしていると感じてもらう必要があります。

このあたりを整理して、箇条書きにすると以下のようになります。

  スカウトが来ない時の対処法

  1. 採用担当者に検索されやすくするために経歴に関する情報を正確に入力する
  2. 企業名・部署名・役職名を具体的に記載して採用担当者の興味を引く
  3. こまめにログインして採用担当者の検索一覧で上位表示を狙う

経歴に関する情報に関しては、

  • 直近の在籍企業
  • 直近の業種
  • 直近の職種
  • 職務要約
  • 職務経歴
  • 業務内容
  • スキル

あたりの項目の情報入力を徹底してください。

また、[企業名][部署名][役職名]に関しては、現職にバレるのを恐れて具体的に入力しない人がかなりの数います。

入力しない人が一定数いるということは、この情報を具体的に入力するだけで差別化できます。

現職にバレるのが不安な方は企業ブロック設定を利用すれば安心です。

企業ブロック設定方法は、別記事でご紹介しています。

最後に、こまめにログインすることも意外と重要です。

ビズリーチ』はログイン日時が近い人が検索一覧の上位に表示される仕組みのため、採用担当者に見つけてもらえる確率が格段に上がるのです。

これを利用しない手はありません。

実際にしばらくログインしない日が続くとスカウトの数は減少しますので、ご注意ください。

以上が、登録情報が不足しているパターンの対処法です。

パターン② : 求人やヘッドハンターの層に合わないためビズリーチからスカウトが来ない


ビズリーチ』は現年収が600万円以上の層をメインターゲットとしているため、求人企業やヘッドハンターもハイクラスな求職者をターゲットとしていることがとても多いです。

よって、現年収が600万円未満だとスカウトが届きにくくなる傾向は少なからずあります。

また、現年収が600万円を超えている場合でも、40代で役職に就いてなかったり、50代で年収1,000万円未満の場合はハイクラスとは言い難いので、残念ながらスカウトは届きにくい傾向があるようです。

ただし、40代・50代という年齢が問題なわけではありません。

ビズリーチ』の公式サイトによると、会員の平均年齢は43歳ですし、転職成功者の50%は40代・50代だからです。

登録情報不足ではないにも関わらず、登録後1週間経ってもスカウト件数が10件未満の場合は、『ビズリーチ』の求人やヘッドハンターと相性が悪いと考えるべきです。

ただし、『ビズリーチ』からスカウトが来なかったからと言って落ち込む必要はありません。

その場合は、別の転職サービスに登録すれば良いだけです。

現年収が600万円未満の場合は、この2社に登録しておくと間違いないです。

  大手転職エージェント

  • リクルートエージェント | 32万人以上が利用した転職成功実績No.1の転職エージェント。幅広い選択肢を探したい人におすすめ。
  • doda | 転職者満足度No.1。業界最大級の求人数で、非公開求人も多数。20代-30代におすすめ。

相性の問題なので、利用する転職サービスを変えれば驚くほどたくさん求人を紹介してもらえたり、たくさん内定を獲得できたりします。

転職への意向が高い方は、『ビズリーチ』からスカウトが来なくても落ち込むことなく行動量を増やしていきましょう。

Pocket