50%が転職エージェントで門前払いされる理由と登録難易度について

Pocket

更新日 : 2018-10-31

転職しよう!と意を決して転職エージェントに登録したにも関わらず、

『現在、◯◯様にご紹介できる求人がありません。ご期待に添えなくて申し訳ありません。』

というお断りメールだけで面談すら実施してもらえないケースがあります。

転職したいと思って登録しているのに、このメール1通で終了なんて、あまりにそっけないし失礼ですよね。

求職者は情報登録に10分以上時間をかけているケースが多いので、がっかりを通り越して怒りさえ感じてしまう方もいると思います。

しかしながら、転職エージェントに面談を断られ、門前払いされる方の数は思いのほか多く、転職エージェントにもよりますが、約50%の求職者が面談を断られているそうです。

なぜ、紹介できる求人がない求職者がそんなにも多いのでしょうか?多くの求職者が転職エージェントに門前払いされてしまう理由と門前払いされたときの対応策を解説します。

  厳選!おすすめ転職エージェントランキング
  エージェント   年代と特徴   詳細
ビズリーチ 【30代〜50代】現年収600万以上のハイクラスに特化 詳細を見る
リクルートエージェント 【20代〜40代】32万人以上!転職成功実績No.1 詳細を見る
doda 【20代〜35歳】転職者満足度No.1。非公開求人多数 詳細を見る

ランキングをもっと見る

約50%の人が転職エージェントに門前払いされる理由

転職エージェント経由は採用単価が高いため、求人企業の見る目が厳しくなるということをご存知でしょうか?

転職エージェントは求人企業に成果報酬で、紹介者の理論年収の約30%を請求するビジネスモデルです。

例えば、年収500万円の方をご紹介し、成約すると

500万円 × 30% = 150万円

請求することになります。

求人企業からすると1名の採用で150万円かかるのは決して安い金額ではありません。

安い金額ではないため、採用難易度が高い人材の募集に転職エージェントを利用するケースが多いのです。

転職エージェントの求人募集で多い要件の特徴は

  • 学歴が大卒以上であること
  • 年齢に見合った職務経歴があること
  • 転職回数が多くないこと

などです。

事実、ハローワークや求人サイトと比較すると難易度が高い求人が多いのが実情です。

転職エージェントは成果報酬型のビジネスモデルのため、成約してようやく収益が発生します。

よって、転職エージェントで保有している求人で成約する可能性が低い登録者の面談は断り、成約可能性が高い登録者を優先するケースが多々あります。

ただ、あなたは転職エージェントに登録することではなく、転職することが目的のはずです。

転職する方法を転職エージェントだけと思い込んでいませんか?

最近では転職スカウトサービスを利用して転職する人が急増中です。

転職スカウトサービスは転職エージェントのような『足切り』はありませんので、安心して登録してください。

高年収求人多数!ハイクラス専用の転職サイト『ビズリーチ』


>>ビズリーチ公式サイトはこちら


  ビズリーチの特徴
  9,300社以上の厳選企業や2,700名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
  人気企業の社長や役員から直接スカウトが届くことも!
  現年収600万以上のハイクラスに特化した転職スカウトサービス



【TVCM公開中】ビズリーチ公式サイト
3.8

  ビズリーチ公式サイト :

https://www.bizreach.jp/
※【TVCM公開中】ビズリーチは、会員登録するだけで9,300社以上の厳選企業や2,700名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトが届きます。しかも、会員登録は無料です。年収アップ事例多…続きを見る


厳選された優秀なヘッドハンターからスカウトが届く『キャリアカーバー(CAREER CARVER)』


>>キャリアカーバー公式サイトはこちら


  キャリアカーバーの特徴
  ビズリーチと最も併用されるハイクラス向け転職スカウトサービス
  ハイクラスの非公開求人に出会える。しかも年収800万円以上の高年収求人多数
  正社員求人だけでなく、顧問求人のスカウトを受け取ることができる


キャリアカーバー公式サイト :

https://careercarver.jp/
※【完全無料】キャリアカーバーは、ハイクラス転職を支援するリクルートのヘッドハンティングサービスです。会員登録すると非公開求人情報など会員限定の情報を閲覧でき…続きを見る

書類選考合格率100%のスカウトは『ミイダス』だけ


>>ミイダス公式サイトはこちら


  ミイダスの特徴
  たったの5分で、優良企業20,000社にあなたの経歴を公開できます
  登録完了後すぐに書類選考合格済みのスカウトが届きます
  あなたに関心を持っている企業がリアルタイムにわかります


ミイダス公式サイト :

https://miidas.jp/
※たったの5分で優良企業20,000社にあなたの経歴を公開できます。書類選考合格率100%のスカウトが届くのはミイダスだけ。しかも、あなたに感心を持っている企業がリアルタイムにわかる…続きを見る

20〜30代の若手は、転職者の80%が利用している『リクナビNEXT』


リクナビNEXT公式サイトはこちら


  リクナビNEXTの特徴
  2万社以上の求人企業や400社以上の転職エージェントからスカウトが届く
  新着・更新求人が毎週1,000件以上
  年収アップから異業種転職まで多数の転職成功実績


リクナビNEXT公式サイト :

https://next.rikunabi.com/
※【無料】転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイト。2万社以上の求人企業と400社以上の提携エージェントから非公開求人のスカウトが届く。

100%女性歓迎の求人だから安心!正社員を希望する女性は『女の転職@type』


女の転職@type公式サイトはこちら


  女の転職@typeの特徴
  100%女性歓迎の求人情報だから安心!
  女性にうれしい正社員・契約社員求人がたくさん
  未経験歓迎のお仕事やバックオフィス系の求人が多数


女の転職@type公式サイト :

https://woman-type.jp/
※【登録無料】正社員求人が約80%!100万人が利用中!正社員で長く働きたい女性のための転職サイト。1分でできるカンタン登録です。

リクルートエージェント・dodaなどの大手系と専門特化した転職エージェントでは登録難易度は大きく異なる

転職エージェントによって、保有している求人のジャンルや網羅性が異なるため、転職エージェントによって登録難易度は異なるのはご存知でしょうか?

ある転職エージェントに面談を断られたからと言って落ち込む必要はありません。

別のエージェントに登録してみるとすんなり面談の案内が届くことも多いものです。

登録難易度は転職エージェントがどんな求人を保有しているかによって変わってきます。

ときには市場価値の問題ではなく、転職エージェントの保有案件の偏りによって、面談を断られるケースもあるのです。

今この記事をご覧の方は、面談を断られて困っている方が多いと思うので、特に面談まで漕ぎ着きやすい業界大手の2社をご紹介しておきます。

  大手転職エージェント

  • リクルートエージェント | 32万人以上が利用した転職成功実績No.1の転職エージェント。幅広い選択肢を探したい人におすすめ。
  • doda | 転職者満足度No.1。業界最大級の求人数で、非公開求人も多数。20代-30代におすすめ。

他の転職エージェントに登録を断られて困っている方は、ぜひこの2社に登録してみてください。

なお、市場価値に興味がある方は以下の関連記事をどうぞ。

年齢が高い、転職回数が極端に多い求職者は登録難易度が高い

じっくり転職支援すれば必ず転職先が見つかるような経験豊富な求職者でも年齢が高かったり転職回数が多いと面談を断られるケースがあります。

信じられないかもしれませんが、多くの転職エージェントで求職者の面談実施可否を決めるのは最終的には担当アドバイザーの主観です。

担当アドバイザーが経歴をざっと見て紹介できそうな求人が見つかるかどうかで決まってしまいます。

そこに明確な基準はなく、主観なのです。

実力がないキャリアアドバイザーが担当すれば、マッチングスキルが低いので求人を探すことができず、面談を断られる可能性も高くなってしまうのです。

もしどうしても自分の経験的に面談を断られるなんて納得いかない!という方は以下の2つの転職サービスに登録してみてください。

いずれも転職エージェントやヘッドハンターからスカウトが届くサービスです。

  • ビズリーチ | 厳選された2,600名以上の転職エージェントからスカウトが届く
  • CAREERCARVER | リクルートが提携した転職エージェントからスカウトが届く

転職エージェントに門前払いされた時の対処法

経歴・スキル・学歴・資格・自己PRなどの登録情報を充実させ、同じ転職エージェントに再登録する

転職エージェントから面談お断りメールが届いたら、まず情報が不足している可能性を疑いましょう。

前述の通り、転職エージェントは求人が紹介できる求職者としか面談を実施しません。

その際、求職者の情報が少ないと求人の紹介イメージが湧きづらくなります。

資格・経歴・スキルなどを詳しく情報登録することで紹介求人のイメージが新たに湧く可能性があります。

『◯◯の資格を持っているならA社の求人をご紹介できるかもしれない』
『△△のご経験をお持ちであればB社のPJTにマッチするかもしれない』

というイメージです。

情報登録に関しては、以下の関連記事が参考になります。

タイトルはスカウトメールとなっていますが、情報登録のコツが詳しくまとまっています。

また、情報登録に加えて、職務経歴書は必須で登録しておきましょう。

職務経歴書を登録している求職者は以外と少ないので大きな差別化になります。

これまでより情報を詳しく登録することで、マッチングのイメージが湧き面談に繋がることが少なくありませんので試してみてください。

他の転職エージェントに複数登録する

転職エージェントが違えば、求人案件も担当アドバイザーもマッチング方法も全て異なるため、面談を実施してくれる可能性は十分にあります。

面談を断られてしまったとしても、自分の市場価値が低いと嘆く前に別の転職エージェントにも登録してみましょう。

大手の転職エージェントに面談を断られてしまったら、専門特化型の転職エージェントや小規模な転職エージェントなど会社規模を変えて再チャレンジしてみると面談実施してもらえることが少なくありません。

繰り返しになりますが、特に面談につながりやすいのは業界大手の2社です。

  大手転職エージェント

  • リクルートエージェント | 32万人以上が利用した転職成功実績No.1の転職エージェント。幅広い選択肢を探したい人におすすめ。
  • doda | 転職者満足度No.1。業界最大級の求人数で、非公開求人も多数。20代-30代におすすめ。

同じ転職エージェントに、半年〜1年ほど時期をズラして再登録する

人材紹介ビジネスは景気動向の影響を激しく受ける業界です。

2016年の有効求人倍率は約1.4倍に対してリーマンショック直後の2009年は約0.5倍と大きく差が開いています。

求人倍率の推移

出典 : 一般職業紹介状況(平成29年2月分)について

1度面談を断られた転職エージェントでも景況感が変われば面談実施してもらえる可能性は十分にあります。

一度断られたからといって諦めず、転職希望先業界の景況感が回復するまで待って、再登録するというのも有効な手段です。

なお、エリア毎の有効求人倍率や転職データはまとめ記事を参考にしてください。

転職エージェントに門前払いされても諦める必要はありません

前述のとおり、転職エージェントで面談を断られる確率は意外と高いです。

しかしながら、面談実施に至らない理由は求職者の市場価値の問題だけではありません。

万が一面談を断られてしまったとしても落ち込むことなく、まずは情報入力の不足を疑いましょう。

情報を追加入力しても面談してもらえない場合も絶対に諦めないでください。転職エージェント経由ではなく、転職サイトを使えば良いだけです。

転職サイト経由で転職している方もたくさんいるのですから。

転職サイトは門前払いなどありませんので、安心してください。

年齢や性別によっておすすめの転職サイトは異なるため、ご紹介しておきます。

あなたが転職を成功させ、次の職場で活躍されることを祈っています。

【年代別おすすめの転職サイト】

  • 30代以降で年収600万以上の方 | ビズリーチ
  • 20代の若手でまだスキル / 経験に自信がない方 | リクナビNEXT
  • 女性で正社員を目指す方・未経験でバックオフィス系の仕事を探している方 | 女の転職@type
Pocket