気になるワーママさんへインタビュー!【育休インターン・転職活動・ブログ】

はじめに

こんにちは、みはる(@haru23327386)です。

実は「転職エージェントnavi」のライターにジョインする際に、ある企画を心に秘めておりました。

それは、気になるワーママさんにインタビューしたい!というものです。

というのも私自身、以前から女性の働き方について沢山の疑問がありました。

女性の活躍できる仕事って何だろう…

ワーママの皆さんはどんなライフスタイルなんだろう…

保活、小一の壁、なんだかいろいろ大変そうだな…

皆さん、それぞれ違う思いや、葛藤がきっとあるはず。

でも、ママ友にリアルな仕事の事情を聞くのは何だか気がひけるし、周りの友人は自分と似た環境が多く、実際に世のワーママさんのリアルを色々と聞ける機会はあまり無いと感じていました。

そこで、ライターという特権を活かして、気になるママさん達にじゃんじゃんインタビューをして行こうと思います!

(果たしてこれは継続できる企画なのか些か疑問は残りますが…)

 

さて、記念すべき第1回は、カアサン(@caasan2)さんです!

Twitterでのプロフィールでは下記のような説明をされています。

カアサン

Tokyo/「売る」を手伝うプロモーションプランナー/正社員時短管理職/育休インターン参画中/人生の交差点に佇む華の85年組/男の子4y女の子1y/呟きは個人の感想です予めご了承ください/リモートできる会社へ転職します(断言)

 

気になる内容がてんこ盛りです!!!

それではカアサンさんのインタビュー、スタートです。

  ワーママ向けキャリア支援サービス
  サービス名   特徴   詳細
  リアルミーキャリア 仕事と育児を両立する時短正社員に特化した転職エージェント 詳細を見る
  ミイダス 市場価値が無料で診断できるコンピテンシー診断とパーソナリティ診断が人気 詳細を見る
POSIWILL CAREER 20〜30代のキャリア相談受講者数No.1【Zoomでの無料面談あり】 詳細を見る

大好きな仕事を続けたい!ワーママの理想と現実


個人的にTwitterのファンでしたので、今回お会いできることをとても楽しみにしていました!本日はよろしくお願いします。

みはる

カアサン

まさかTwitterを見てインタビューされるなんて思ってなかったので驚きました!今回はお声がけいただき有難うございます。
こちらこそ、快諾いただけて嬉しかったです!さて、早速ですが、カアサンさんは現在育休中とのことですが、それまではどのようなお仕事をされていたのでしょうか

みはる

カアサン

広告や販促関係のプランナーをしていました。具体的にはメーカーさんの商品がより認知されるための企画営業をしていました。新卒から入社した会社で、仕事大好き人間として生きていました。幸いにも評価いただけいて、20人いる同期の中でも唯一管理職まで昇進出来ました。
それはすごいですね!現在は二人目のお子様の育休中でいらっしゃりますが、やはり復帰後もバリバりお仕事を続けられるのですか?

みはる

カアサン

結論からいうと以前のような働き方はできないですね。実は育休復帰後も女性が活躍できる環境を整備するためのプレゼンを幾度か会社にしました。
ただ不満を言うのではなく、提案をしに行く姿勢が素晴らしいですね。

みはる

カアサン

うちは女性が半分以上在籍する会社ですが、皆さん3歳の時短勤務の期限が切れると転職されてしまうのですよね。ただ、私は自他共に見認める会社大好き人間だったので、もしかしたら自分は違う可能性があるのかも。とどこかで思う気持ちがありました。後輩達も私がこれまでの悪習を変えてくれそう!といった期待をしいてるのをひしひしと感じつつ…でも結局、上層部には私のプレゼンは響かず、転職することを初めて考えましたね。
とてもショッキングなお話しですね。カアサンさんはこんなにも会社に貢献してきたのに…。なかなか会社を変えることは難しいのですね。

みはる

カアサン

上層部には子育てしながら仕事をしてきた人がいなかったので、理解を得るのは難しいようですね。会社が変われないなら自分が変わるしか無いですよね。これを機に、人生で初めて転職を意識しました。

転職するなら積極的な情報取集、そして発信を。

カアサン

ちょうど自身が転職することを考え始めた頃、先輩ママさん達も色んな苦労や難しい決断を強いられている状況を目の当たりにし、Twitterでこのようなアンケートを取ってみました。

 

 

私も回答しました!こちらをきっかけにカアサンさんを知りましたので、とても印象に残っているツイートです。

みはる

カアサン

ありがとうございます!想像以上にリツイートも頂けて、最終的には5000人以上の方からお答えいただきました。自身の考えとは正直違う考えを知ることが出来、Twitterの威力を実感しましたね。このアンケートを通してリアルな情報を得るにはやはりただ「イイね」をするだけでなく自分もどんどん発信することが重要なのだと改めて気付かされました。
確かに私もTwitterを始めてかなり視野は広がりました。それと自身の本音を発信することにより、それを見て新たな情報を頂けたりもしますよね。

みはる

カアサン

これは転職においてだけでないと思いますが、情報を上手く取ってい方ないと置いていかれちゃいますね。Twitterは最新情報を得るのにはやはり優れていますね。あともちろん本も大変参考になります。現在は何冊か本を読み今は多くのことをインプットしている時期です。

ワーママの転職活動。Wantedlyで新たな世界へ。

カアサン

Twitterやネットでの情報収集をしていく上で、まずはWantedlyに登録をしてみました。
Wantedlyは「カジュアル面談」を推奨しているのでいきなり選考要素のある「面接」とならない点が特徴ですよね。転職の第一歩としては良さそうですよね。

みはる

カアサン

まだ下の子の保育園も決まっていなかったので、企業研究や自身の市場ニーズを知れたら良いな。という気持ちで登録してみました。そして、結果、2社から内々定を頂けたのですよね。
流石ですね!でもお話を聞く限り、カアサンさんに来て欲しい企業は沢山あると思います。

みはる

カアサン

とんでも無いです。初めての転職活動ですし、子供もいる身なので最初はとても不安でした。でもWantedlyでこれまでに触れたことのなかったようなベンチャー企業や新しい働き方の会社の話を聞き、少し希望が持てましたね
私は本業で採用を担当しいますが、採用方法も新しい形が沢山出ていてまさにWantedlyもその一つですよね。働き方に柔軟性があるITベンチャーやジョブ型雇用に力を入れている企業も多くある印象なので、キャリアアップを狙うママさんはぜひ登録して欲しいなと思います。

みはる

カアサン

実はWantedlyで面談した会社で育休インターンも経験したんです!
とても気になるお話しですね、ぜひお聞かせください!

みはる

育休中にチャレンジ①インターン、ボランティアに参加。

「育休インターン」とは、どんなことをするのでしょうか。

みはる

カアサン

今回の育休インターンは先ほどお話しした通り、Wantedlyで面談した会社に誘われる形でコンサルティング業務をしました。現職の会社が副業NGなので、無料ではあったのですが、自身の経験してきたことが活かせ、こんな仕事もあるんだと知ることが出来ましたね。また転職経験が無いので初めて他社を見ることが出来たのは大きな成果でしたね
育休中に新しい事に挑戦できるのはとても良いですね。確か、1人目の育休の際はボランティア活動をされてますよね。これはどういった経緯だったのでしょうか

みはる

カアサン

元々、私は仕事人間で特に趣味もあまり無く、育休中は何かやりたくてウズウズしてしまうのですよね…そこでたまたま知っていたママボノというボランティアプログラムに挑戦してみることにしました。
なるほど、プロボノ(スキルを活かしたボランティア)とママを掛け合わせた名前なんですね。

みはる

カアサン

そうですね、基本的にはNPO法人向けに育休のママさん達が集まって各々のスキルを活かしたボランティア活動をするといったものでした。具体的にはある商店街のイベントPRの為のパンフレットを作る。といったプロジェクトに参画し私はプロジェクトリーダーとして6名程のママさん達のチームをまとめ企画進行していく仕事をしました。
とても面白そうですね!そして、1つのプロジェクトとしてチームで取り組む様は本格的な「仕事」ですね。

みはる

カアサン

私の参画したプロジェクトのメンバーは大企業でバリキャリの方や経験豊富なスキルをお持ちの方など、かなり社会でご活躍されてきた方々ばかりでした。故に熱が入りすぎて少々バチバチしたことも…笑。それくらい本気で皆さん取り組んでいましたね。プロジェクト終了後もママ友として良いお付き合いができていますね。
素敵なご経験ですね。私も育休中に参加してみたかったな…!

みはる

育休中にチャレンジ②ワーママのブログ、Twitterを開始。

カアサンさんのブログ、テーマも面白くてふむふむと思いながら読ませていただきました。やはりブログも育休に入ってから始められたのですよね。

みはる

カアサン

そうですね、元々書くことは好きでブログには興味がありました。勿論収益に繋がることもゆくゆくは狙っていきたいですが、今は書くことを楽しみたい気持ちでいますね。
もう1年近く続けられていますよね。どういったことを発信していきたいと思ってブログをしているのでしょうか。

みはる

カアサン

そもそもは書くことが好きだったのと、その時の自身の思考などを記録として残せれば良いなという気持ちでしたね。正直、何か発信しようという事はそんなに考えてなかったかもしれません。
確かに「何か発信をしなければならない。」と思うと少し気構えてしまいますよね…。私もTwitterで悩んだことがあるので共感できます。

みはる

カアサン

私なんかが発信する事なんて、特に無いしなあと思っていました。でも、Twitterやブログを続けていくうちに、それでもいいのかなと。人様に教えられることなんてないんだけど、私みたいな何でもない人が迷ってる様を発信することはできるなと思うようになりました。
実は一番みんな知りたいことかも知れませんよね。それこそネットの中だからこそ知れるリアル。といいますか。

みはる

カアサン

ですよね!私も、一般人のリアルな悩みなどネットで深掘りすることが多いです。なので、わりと緩く、ガチガチになり過ぎないテンションで記事を書いていますね。
あまりガチガチすぎる文章も読み手も疲れてしまうかもしれません。それは私だけかな笑。でも多くの方に気軽に読んでいただけるのが理想ですよね。カアサンさんのブログ、良かったら皆さんにもぜひ読んでいただきたいです。

みはる

▼カアサンさんのブログはこちら
世の悩めるママさん達のヒントがたくさん有りますよ!

カアサン

今私が抱えてる「ワーママのキャリアが閉ざされている問題」は周りでもよく聞く話なんです。働く女性が増え続けているのに一向に改善されないこの問題は非常にもどかしく、また知人を見ていても歯痒く感じています。そのリアルを発信し続けて問題定義していくのは意味があることだと思っていますね。
私も悩んでいた時期があるので分かります。今は幸いにもやりたい仕事ができているので、母親でも楽しく仕事をできている様子を発信し続け、そんな会社もあるんだ。そんな事ができるんだ。といった考えが広まったら嬉しいな。と思っています。

みはる

カアサン

私も諦めるつもりが全くありません!家庭と両立しつつ、やりたい仕事ができる環境を追求し続けていきたいと思っています!
素敵です!カアサンさんならきっとに叶えられると信じています。今後のご活躍を楽しみにしておりますね。本日はありがとうございました。

みはる

おわりに

女性管理職まで上り詰め、バリバリ仕事に邁進してこられたカアサンさん。育休中にはインターンやボランティアなどにも参加。

私のこのゆるっとしたインタビューでも大丈夫かしら…とオンラインとはいえ、直前まで少し緊張をしていました。

しかし、実際にお会いしたらとてもお話ししやすい方で、お子様もご一緒に終始和やかな雰囲気でインタビューさせていただきました。

今回特に印象的だったエピソードは、発信されるお立場になってから見えてくる世界が変わったお話です。

私もこれまでネットでは傍観者でしたが、実際ネット上のオープンな場で会話や発信をしていくと自身の考えもブラッシュアップされ、視野が広がりました。これには強く共感しました。

そして、「仕事が出来る女性」や「もっと仕事にコミットしたい女性」が、会社の制度が整っていないが故にその活躍の場が奪われてしまう現実。もしかしたら女性に限らず、子育てや介護などで仕事が出来ない多くの方が直面する問題かもしれません。

しかし、どんな状況でも決して諦めず、果敢にこの現状に立ち向かうカアサンさんは非常に素敵で、尊敬の念に堪えない方です。今後の更なるご活躍が楽しみです。

ポジティブに考え、まずは行動を起こすこと。きっとそこから打開策が見えてくる。

そんな事を教えていただいたインタビューでした。ぜひ私も見習いたいです。

この記事を読んだ方におすすめの記事

【保存版】大人の自己分析は難しい?ワーママ・パパでも簡単にできる方法
【保存版】ワーママ・パパにおすすめの転職エージェント・転職サイトまとめ
【保存版】時間がないワーママ・パパでも在宅で出来る副業まとめ
【保存版】ワーママ・パパが副業でWordPressブログを始める手順