40代での転職は厳しいと地獄を見ないために30代で意識すべきこと

こんにちは!しぶたく(@shibutaku_024)です。

普段は、Twitterで【子育て × 働き方】をテーマにツイートしたりしています。

僕自身30代後半という年齢で転職活動をしていることもあり、40代でのキャリアを薄っすらと考え始めています。

前提として、我々世代は親世代と違い生涯現役が基本になるので、老後=第二の人生という感じにはならないと考えています。

となると、40代以降でも転職する機会はあるでしょうし、キャリア的にも守りに入らず主体的に動いていくことが重要になると見立てています。

しかしながら世間の一般常識的には、

・40代で転職するのは厳しい
・40代で転職なんて地獄だ

という風に捉えられているようなので、30代の過ごし方がとても重要になってきそうです。

40代以降も仕事が楽しめたり、転職に困らないようにするために30代でどのようにキャリアに向き合っていくべきかを自分の頭の整理がてら記事にしてみました。

  おすすめの転職サービスランキング
  転職サイト  年代と特徴  詳細
  キャリアカーバー【30代〜40代】厳選された優秀なヘッドハンターからスカウトが届く詳細を見る
  ミイダス【20代〜30代】書類選考合格率100%のスカウトが届くのはミイダスだけ詳細を見る
JAC Recruitment【20代〜40代】転職で年収1,200万円以上に。1人1人に合わせたハイクラスの転職支援詳細を見る

30代で自分のキャリアの『コア』を定め、専門性を強化して40代に備える

『キャリアのVSOP論』というものをご存知でしょうか?僕も最近知った理論なんですが、非常にしっくりきているので自分の過去ツイートで紹介します。

この理論によると30代はSpecialityを伸ばす期間なので、20代での経験から『コア』となる専門性を定めて、その分野を極めると良いらしいです。

20代の色々な経験の中から自分の主軸にしたい領域を選び、その領域の自己学習や実践経験を積み重ねて強みに昇華させていく期間という位置づけです。

30代のキャリア構築で個人的に大事だと思っていることは『手を動かし続けること』です。

早い方だと30代は管理職に昇進するタイミングです。

人によってはマネジメントに専念してほとんど手を動かさないという状況に陥りがちですが、生涯現役時代に軸足のないキャリアは危険です。

40代になって得意なことは?と聞かれた時に『マネジメントです』としか言えないと厳しい時代になっていくので、意識的に手を動かして専門領域と言える分野を作っておくことが重要です。

一昔前は逆に40代でマネジメント経験がないと厳しかったりしたので、時代の変化を感じるところです。

今は世の中の流れが早いので、今後も40代で求められるスキルや能力がどんどん変化していくはずです。

そういう意味では、30代で専門性とともに身に着けておくべきは『変化への対応力』かもしれません。

年齢が上がるに連れて変化することは大変になっていくので、意識的に変化していくことが重要になってきそうです。

目先の報酬よりも自分が心からやりたいと思える仕事を選択する

30代のキャリア構築で意識すべきこと2つ目は『心からやりたいと思える仕事を選択する』です。

もちろん人によりますが、30代は結婚や子供の誕生などライフステージの変化が多いタイミングです。

ライフステージが変化するとどうしてもお金がかかったりで、直近の収入面に意識が向きがちです。

それ自体は悪いことではなく大切な観点ですが、直近の収入を優先しすぎてやりたくもない仕事をするのは避けたいところです。

と言うのも、心からやりたいと思える仕事を選択したほうが中長期では収入が最大化する可能性が高いからです。

やりたいと思えない仕事をしていると仕事に没頭することは難しく、どこかで成長の頭打ちが来て収入も伸び悩みます。

逆に一時的に収入が下がったとしても本当に没頭できる仕事をしていれば知らぬうちに努力してスキルや専門性が上がり、その結果収入が増えるという良い循環が回り出します。

30代で仕事に没頭した人は自信に満ちた状態で40代に突入出来ますが、そうでない人は40代に入る頃には守りに入り成長が止まってしまいます。

傍から見た時、魅力的に見えるのは圧倒的に前者です。

僕自身も現在転職活動中ですが、いつの間にか仕事に没頭できなくなっている自分に気付き、そういう仕事を求めて転職することに決めました。

ちなみに僕の場合、転職活動ではキャリアカーバービズリーチをメインで利用しています。詳しい使い方は以下の記事にまとめているので参考にしてみてください。

転職エージェントは比較しても意味がない【転職エージェントの選び方】

いつか一緒に仕事してみたい人との付き合い方を変える

最後は『いつか一緒に仕事してみたい人との付き合い方』についてです。

30代後半で転職活動してみて感じたのが年齢が上がるにつれ、転職に人との繋がりが活きてくるということです。

転職活動では転職サイトや転職エージェントを上手に活用することも重要ですが、年齢が高くなると知り合い経由で転職するケースが少なくありません。

40代以降ともなると、友人・知人ががいろんな企業で重要なポジションに就いていたり、起業して会社を経営してたりするので、知り合い経由での転職が増えてくるのです。

そして、それは30代よりも40代のほうが加速していきます。

ですので、いつか一緒に仕事してみたいと感じる人と出会ったらSNSで繋がっておくなり、食事に誘うなりして交流しておくことが重要です。

そういう方と出会ってもつい遠慮してその場限りになってしまうことも多いですが、非常にもったいないです。

出会う人全員を打算的に見る必要はありませんが『30代になったら出会いを大切にする』という意識を持ち、積極的に交流していく姿勢は持っておきたいところです。

長くなったので、40代で転職に困らないよう30代で意識しておくべきことを最後にまとめます。

MEMO
1. 自分のキャリアの『コア』を定め、専門性を強化しておく
2. 目先の報酬よりも自分が心からやりたいと思える仕事を選択する
3. いつか一緒に仕事してみたい人との付き合い方を変える

30代の方は、是非上記を意識してキャリア構築していってみてください。

最後に、この記事を読んで頂いた方に役立ちそうな30代×転職をテーマにした関連記事を2つ載せておきます。

30代後半の転職は難しい?失敗しない転職のための考え方と活動方法 30代の転職で楽しいと思える仕事に就くために大事なことを考えてみた

この記事がキャリアに悩む方の何らか参考になればこの上なく幸いです。