会社を辞めたい40代が知っておくべき転職市場と転職活動のポイント

こんにちは!転職エージェントナビ編集部です。

会社生活では40代はちょうど折り返しの時期にあたりますし、プライベートでは子育て真っ最中の方も多く、色んなライフステージの変化があるため、40代は環境を変えて新たなチャレンジをしたいと考えている方が意外と多いようです。

かつては転職するなら30代までと言われていましたが、少子高齢化が進む中で働き手が不足し、今では40代でも十分に転職のチャンスが得らえるようになっています。

そこでこの記事では、

・40代が会社を辞めようと考える理由
・40代が知っておくべきリアルな転職市場動向
・40代が知っておくべき転職活動のポイント

について詳しく解説します。

この記事を最後まで読んで頂ければ、40代の転職市場の動向や具体的な転職活動方法がイメージできるようになります。

それでは、さっそく見ていきましょう。

  スカウトが届く転職サイトランキング
  転職サイト  年代と特徴  詳細
  キャリアカーバー【30代〜40代】厳選された優秀なヘッドハンターからスカウトが届く詳細を見る
  ビズリーチ【30代〜50代】年収600万以上のハイクラス求人のスカウトが届く詳細を見る
  ミイダス【20代〜30代】驚異の書類選考合格率100%のスカウトが届く詳細を見る

辞めたいと考えている人は意外と多い?40代が退職を考える理由

会社を辞めたいと考える理由は、人によって様々ですが、特に40代に焦点を当ててみた場合には、いくつかの傾向が見えてきます。

40代が会社を辞めたいと思う理由を4つ紹介しますので、自分に当てはまるかどうか考えながら読んでみてください。

理由① : 仕事内容に物足りなさを感じてくる

まず、1つ目の理由は、仕事に対する物足りなさです。

社会人になってすぐの頃は、毎日与えられた業務をこなすので精いっぱいだったはずですが、40代にもなると同じ仕事を10年以上続けているケースも少なくないため、日々の仕事が刺激のないものになっている場合があります。

単に給料をもらうために働いているのであれば、そのままでも大きな問題はないはずですが、一日の大半を仕事をして過ごす会社員にとっては、同じ環境にい居続けることが次第に苦痛に感じられてしまうというのはやむを得ないことでしょう。

そのような状況を脱するために、新たなやりがいを求めて会社を辞めようと考える人が後を絶たないというわけです。

理由② : 会社からの評価や待遇に不満が出てくる

2つ目の理由は、会社から受けている評価や待遇に対する不満です。

40代ともなると、仕事で重要な職責を担ったり、大きな成果を上げる場合も多いはずですが、会社員である限りどうしても待遇はあらかじめ定められた基準に基づいて決められてしまうため、思うように給料が増えないと感じる状況に陥りがちです。

そのように、会社の評価と社員の仕事内容にギャップがあると、待遇に対する不満が高まり、子供が生まれたりして家計の支出が増加しがちな40代になる頃にその状況に耐えきれなくなって退職を検討するようになるようです。

理由③ : 会社の将来性や先行きが不安に感じてくる

3つ目の理由は、会社の将来性についての不安です。

40代にもなると社内で役職に就く人も増えてきますが、それによって今まで知らなかったような会社の財務状況に触れるケースも増えてきます。

会社によっては財務状況がかなり悪化していたり、そこまでひどい状態でなくても売り上げが何年も減少し続けていたりするケースもあり、その事実を認識してしまうと途端に不安になります。

一度不安になると、このまま今の会社で働き続けていて自分の将来は本当に大丈夫だろうかと疑心暗鬼になり、転職を意識するようになるようです。

理由④ : 人間関係の悩みによるストレス

4つ目の理由は、周囲の人々との人間関係についての悩みです。

20年近くも働き続けていると、当然社内に馬の合わない人も出てくるでしょうし、自分よりもはるかに若い部下や後輩との付き合いに頭を悩ませる場面にも出くわすはずです。

また、社内の出世競争が激しくなる時期なので、どうしても人間関係がギスギスしたものになりがちです。

なかにはタフな精神力で乗り越えられる人もいますが、仕事のストレスに加えて、人間関係まで難しくなってくると、会社を辞めて心機一転したいという気持ちになるのもやむを得ないでしょう。

なお、これらの理由は、いずれもどの年代の人にも当てまりうるものですが、特に40代になると仕事の重圧や、家庭環境の変化などが重なるため、そういった状況と相まって本格的に退職を考える人が他の年代よりも多くなる傾向にあるようです。

会社を辞めたい40代が知っておくべきリアルな転職市場について

40代での転職は、20代・30代での転職とはやや異なります。

30代までであれば、転職後に一から仕事を覚えて成長する余地があると考えられるため、会社側も転職希望者のポテンシャルを評価する傾向にありますが、40代にもなると既にある程度のスキルやコネクションが備わっていることを前提に転職時点におけるその人の能力が評価される場合がほとんどです。

そのため、同年代の人と差別化できるような強みや人脈を持っていれば、意外と簡単に転職できるのですが、逆にそういったものがないと転職活動をしても苦戦を強いられる可能性があるのです。

また、ある業界に特化した強みを持っているという場合には、なるべく同じ業界内で転職活動をした方がうまくいく確率は高まります。

例えば、エンジニアとして優れたスキルを持っている人は、IT業界内であれば引く手あまたですが、いきなり商社に転職したいと思ってもそこでの需要は限定的であるため、思うような会社に就職するのは難しいかもしれません。

自分の強みを冷静に見極めたうえで、その強みを活かせる業界に絞って転職活動を行わないと、なかなか成果が得られないというのが40代の転職市場の特徴といえるでしょう。

次に、実際に40代での転職に成功したケースと失敗したケースに関する事例をご紹介します。

40代の転職成功事例
大手商社に勤めているAさんの事例です。Aさんは大学卒業後に今の会社に就職し、それ以来20年以上にわたって経理の仕事に携わってきました。在職中にスキルアップを目的として、簿記検定やファイナンシャルプランナーの資格を取得し、40代を目前にして課長のポストも射止めることに成功しました。このように、会社からは高く評価されていたAさんでしたが、それを妬む同僚から嫌がらせを受けることも多く、日々ストレスを抱えていました。そこで思い切って転職を決意したAさんは、それまでのキャリアを振り返って自分の強みは正確な業務処理能力や経理スキルにあると見極め、同業他社の経理部門への転職に絞って活動を始めることにしたのです。エージェントに登録すると、それまで仕事で付き合いのあった大手商社の経理部長から早速面接のオファーがあり、わずか1か月ほどでその会社への転職が決まりました。

Aさんがスムーズに転職できたのは、自分の強みを冷静に分析したうえで、それを活かせる業界に絞って効率的に転職活動を行ったためです。

また、それに加えて、かねてより同業他社の社員とのコネクションを構築していたというのも早めにオファーを獲得できた理由であるといえるでしょう。

続いて失敗事例です。

40代の転職失敗事例
食品メーカーに勤めているBさんの事例です。Aさんと同じく、Bさんも大学卒業以来20年にわたって会社勤めをしており、営業マンとして活躍してきました。熱意をもって仕事に取組み、好成績を上げて社内で表彰されたこともあったのですが、会社の業績が横ばいであったために給料が思ったように上がらず、子供が小さいこともあって思い切って転職を決意したのです。かねてよりプログラミングが好きであったことに加えて、営業の仕事に限界を感じていたというのもあり、転職先にはIT業界を希望したのですが、結果は散々でした。というのも、趣味でプログラミングをかじっていたとはいえ、それまで仕事でエンジニア関連の業務に携わった経験がなかったために、面接で実績を聞かれた場合に何も答えられなかったのです。結局、転職が難しいと悟ったBさんはそのまま今の職場に残ることを決めました。

Bさんの場合は、自分の強みを見極められなかったのが、失敗した一番の原因でしょう。

営業マンとしての経験を活かして、同じ職種を希望していれば、もう少し違った展開があったかもしれません。

40代で初めて転職する場合、転職市場では、その人が転職に耐えうるスキルや経験を有しているかどうがじっくりと評価されます。

転職先でも活躍できると評価されれば、すんなりと転職できますが、そうでない場合にはBさんのように厳しい結果になる場合も珍しくないのです。

40代が会社を辞める前に知っておくべき、転職活動のコツと進め方

次は、40代の人が転職する際に知っておくべき転職活動のコツや進め方についてです。

40代が絶対にやってはいけないのが、転職先が決まる前に退職してしまうことです。

条件に拘らなければ何とかなると思っている人が多いようですが、40代の転職市場はそう甘くありません。

長期間内定を1社も得られないというケースも当然あり得ます。

そのような場合に会社を辞めてしまっていると、収入源が無くなっていることもあり生活に困ったり焦ったりするので、会社を辞めるのは必ず転職先が決まってからにしましょう。

また、前述の通り、転職の成功に向けては自分のスキルや経験をしっかりと見極める必要があります。

そのためには、闇雲に転職活動を急ぐのではなく、まずはそれまでの自分のキャリアを一つひとつ振り返って、アピールできる成果やその裏付けとなる自らの強みを整理する事が大切です。

この作業は履歴書の作成と並行して行うと効率的です。

具体的には、時系列に沿ってキャリアの棚卸を行い、その時々に自分が成し遂げた実績を上げていきます。

とりあえず思いついたものはすべて列挙するようにし、後から使えそうなものをピックアップしていくやり方がおすすめです。

そうやって、自分の強みを整理しておけば、面接などで聞かれた場合にもスムーズに受け答えができます。

転職活動を進める場合には、自分で会社の採用情報をチェックして応募するというやり方もありますが、40代の方はより効率的に活動するためにも専門の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

40代はスキルや志向性のマッチングが20代・30代と比べても大事になってくるため、転職サイトで見つけた企業に応募するより、専門の転職エージェントにマッチングしてもらったほうが選考通過率も上がってきます。

専門の転職エージェントを自分で探すのは大変なので、『ビズリーチ』と『キャリアカーバー』の2つに登録して専門のエージェントからのスカウトを待つのがおすすめです。

  ビズリーチ公式サイト :

https://www.bizreach.jp/
※【TVCM公開中】ビズリーチは、会員登録するだけで9,300社以上の厳選企業や2,700名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトが届きます。しかも、会員登録は無料です。年収アップ事例多…続きを見る

キャリアカーバー公式サイト :

https://careercarver.jp/
※【完全無料】キャリアカーバーは、ハイクラス転職を支援するリクルートのヘッドハンティングサービスです。会員登録すると非公開求人情報など会員限定の情報を閲覧でき…続きを見る

大手転職エージェントの多くは30代の求職者までしか相手にしませんが、『ビズリーチ』と『キャリアカーバー』を利用している専門の転職エージェントは40代の転職に強みを持っている会社が多いからです。

専門の転職エージェントが見つかったらカウンセリングを受け、自分が気づいていない強みやアピールポイントの整理を手伝ってもらったり、履歴書や職務経歴書を添削してもらったり、求人を紹介してもらったりしながら転職活動を進めていきましょう。

特に初めての転職活動だと解らないことも多いと思うので、転職活動における基本的な振る舞いなど含めてレクチャーしてもらうと効果的です。

ポイントを押さえて40代の転職を成功させよう

40代での転職は20代・30代と比較すると難易度は上がりますが、ポイントさえ押さえれば決して無理ということはありません。

自身の強みを明確にする、次の転職先が決まるまで会社を辞めない、専門の転職エージェントのサポートを受けて転職活動するなどのポイントをしっかり押さえて転職を成功させてください。