転職エージェントのキャリアアドバイザーに特別対応してもらう方法

Pocket

更新日 : 2018-09-21

転職エージェントを知っている人は多いですが、効果的な活用方法はあまり知られていません。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは担当者によりますが、数十名〜百名程度の求職者を同時に担当しているケースが多く、全ての求職者に対して精一杯サポートできているわけではありません。

意識的・無意識的に関わらず担当している求職者に優劣をつけ、最注力グループ・普通グループ・ほとんど連絡しないグループの3つくらいのグループに分けて対応しているケースが多いです。

 

  厳選!おすすめ転職エージェントランキング
  エージェント   年代と特徴   詳細
ビズリーチ 【30代〜50代】現年収600万以上のハイクラスに特化 詳細を見る
リクルートエージェント 【20代〜40代】32万人以上!転職成功実績No.1 詳細を見る
doda 【20代〜35歳】転職者満足度No.1。非公開求人多数 詳細を見る

ランキングをもっと見る

キャリアアドバイザーに特別対応してもらうための方法(初級編)

キャリアアドバイザーとの面談は企業との面接ではないため気を抜いている人も多いですが、実は非常に大切です。

この初回面談でキャリアアドバイザーは、アナタの転職に対する本気度を測り、いずれかのグループにグルーピングすることになるからです。再注力のグループに選ばれるコツを3つ解説します。

転職意欲の高さを伝えるために、平日に面談に行く

無料で転職相談に乗ってくれるためついつい忘れがちですが、転職エージェントのキャリアアドバイザーは営業職です。営業職なので、当然営業ノルマがあります。営業ノルマとホスピタリティの板挟みで日々葛藤しているのです。

キャリアアドバイザーは、営業ノルマを達成する必要があるため転職に対する本気度を面談で測ります。本気度を測る項目として「平日に面談に来ることができるか」があります。

本気度が高い方は仕事がある平日でも何とか時間を作って面談に来るし、週末しか面談できない方は転職活動が始まっても面接の調整が難航しがちで敬遠されがちです。

上記がどうしても難しい求職者は本気度が低いと判断され、ほとんど連絡しないグループにグルーピングされることが多いでしょう。

転職意欲の高さを伝えるために、転職希望の時期を伝える

平日の面談と応募書類の準備以外に本気度を測ることができる項目として、転職希望時期があります。

具体的な時期のイメージがなく転職をボンヤリと考えている人より、直近3ヶ月以内に転職を具体的に考えている人のほうが転職に対する本気度が高く、成約に至る可能性が高いとキャリアアドバイザーは考えます。大手の転職エージェントでは、転職の検討時期が3ヶ月以上先の場合、面談すら実施してくれないケースがあるほど重要なポイントです。

キャリアアドバイザーには心を開き、転職理由や希望は本音で伝える

キャリアアドバイザーも人間なので、好き嫌いがあります。あまり心を開いてくれなかったり、本音で話しをしてくれない相談者には苦手意識を持たれ、だんだんと疎遠になるケースが多いです。

転職理由や希望条件なども可能な範囲で素直に伝えたほうが好印象を持たれるケースが多いので素直なコミュニケーションを心がけましょう。

素直なコミュニケーションを通して信頼関係を構築することができれば、アナタをしっかりとサポートしたいという気持ちが高まり、対応が手厚くなるケースが多いです。

キャリアアドバイザーに特別対応してもらうための方法(中級編)


キャリアアドバイザーとの面談が上手くいったからといって安心してはいけません。面談後のやり取りで、求職者を応募企業に安心して紹介できる候補者かを見定めているケースがあります。安心して応募企業にお勧めできる人材だと思ってもらうためのコツを3つ解説します。

キャリアアドバイザーとの約束や期限を守る求職者は信頼されやすい

キャリアアドバイザーとの面談の最後で、応募書類の手直しや応募企業の選定に関するスケジュールを決めることが多くあります。その時決めた約束や納期は守る、もしくはどうしても守れないのであれば連絡の上、スケジュールの再設定を行ってください。

連絡もなく約束が守られない求職者は応募企業に対しても同じような対応をする可能性があるため、担当アドバイザーは不安になります。そういった心理で応募企業に対して積極的に推すことが難しくなってくるので、この点は非常に重要です。

電話でコミュニケーションが取れる求職者は信頼されやすい

仕事中に電話対応するのが難しいケースが多いため、大半の求職者が転職エージェントとのやり取りを極力メールで済ませたいと考えるものです。ですが、担当アドバイザーはできるだけ求職者と電話でコミュニケーションを取りたいと考えます。

電話連絡だとタイムリーに問題が解決されるためやり取りが楽であり、直接求職者と会話することで最新の状況が把握できるため安心するからです。アドバイザーは多くの求職者がメール対応を好むなか、スムーズな対応をしてくれるアナタに好印象を持つことでしょう。

面接終了後に手応えや志望度をキャリアアドバイザーに伝えると喜ばれる

応募企業との面接が終了した後、応募企業に対する印象や志望度を具体的に共有することをお勧めします。転職エージェントはどうしても求人企業から収益を得るビジネスモデルのため、マッチングの失敗を避けたいという心理が働きます。

求人企業が◎の評価でも、求職者の志望度が△だと、求人企業に怒られたりするケースもあります。そういったことを避けるために、求人企業の評価に関する連絡が入る前に、求職者の志望度を確認したいという心理が生まれ、それを積極的に共有してくれる求職者に対して好印象を持ち、積極的にサポートしたくなります。

まとめ

キャリアアドバイザーは多くの求職者を担当しているため、特別に良い対応を受けるためには信頼関係の構築やある程度の工夫が必要です。面談やその後のやり取りを少し工夫することで、担当アドバイザーから信頼され、転職に成功する可能性が高まります。ちょっとしたことばかりなので、ぜひ担当アドバイザーの信頼関係構築も意識してみてください。


転職エージェントランキング




Pocket