転職エージェントとの付き合い方のコツを掴むと転職活動がスムーズです

Pocket

更新日 : 2018-09-21

転職エージェントのキャリアアドバイザーも人間なので、信頼関係が構築できる求職者を優先して対応してしまうことが多くあります。

転職エージェントに優先対応してもらうのは意外とカンタンです。

今日は、転職エージェントとの信頼関係を築くコツと上手な付き合い方をご紹介します。

 

  厳選!おすすめ転職エージェントランキング
  エージェント   年代と特徴   詳細
ビズリーチ 【30代〜50代】現年収600万以上のハイクラスに特化 詳細を見る
リクルートエージェント 【20代〜40代】32万人以上!転職成功実績No.1 詳細を見る
doda 【20代〜35歳】転職者満足度No.1。非公開求人多数 詳細を見る

ランキングをもっと見る

転職エージェントとの付き合い方 : 信頼関係構築編

転職意欲が高いことをアピールする

求職者の転職意欲は転職エージェントにとって非常に重要です。転職をなんとなく考えていて転職活動はしばらく先と考えている人よりも、今すぐ転職したいと思って真剣に相談してくる求職者のほうを優先してサポートしたくなるものです。

転職エージェントの面談に来られる求職者の転職意欲は人により違います。『年齢的にそろそろ転職を考えたほうがいいかな』という検討初期段階の方もいれば、状況が切迫していて急ぎで転職をする必要がある方もいるのです。

転職エージェントは転職支援を生業とする会社なので、転職に対する真剣度が高いほうが、キャリアアドバイザーとしては付き合いやすいものです。

約束や対応期限を守ることで信頼感をアップさせる

面談の時に約束した応募書類の提出期限や面接日程の希望日を出す納期をしっかりと守る求職者は意外と稀です。

実はこれがキャリアアドバイザーにとっては非常にストレスとなります。しっかりと納期を決めたにも関わらず、何の連絡もなく期限が守られないと催促の連絡をする必要が出てくるので、嫌な気持ちになります。

逆に応募書類にせよ、面接希望日程の連絡にせよ納期を必ず守ってくれる求職者はとてもサポートがしやすいため、キャリアアドバイザーが好印象を持ち、積極的に支援してくれるようになります。

転職エージェントからの連絡には即レスで対応する

転職エージェントのキャリアアドバイザーの仕事は求職者に対して、なんらかのアクション(求人紹介や面接調整など)を実施し、そのレスポンスを企業側と調整していく側面があります。

求職者からのレスポンスが遅いと

『◯◯さんからの連絡まだかな…』

『◯◯さんに催促の連絡しなきゃ…』

などと考える必要が出てきて、キャリアアドバイザーはストレスを感じます。1人・2人の調整であれば、それほど困りませんが、何十人と同時進行していくことも多いのでレスポンスが遅い求職者は対応が後回しになったり、忘れられたりします。

逆に、求職者からのレスポンスが早いと仕事がしやすいので、転職エージェントもサポートしやすい求職者だと感じて積極的に支援してくれるようになります。

転職エージェントとの付き合い方 : 求人応募編


次に、選考開始以降の転職エージェントとの上手な付き合い方をご紹介していきます。

紹介求人には必ず応募するかしないかのリアクションを

転職エージェントと求職者で認識の相違が生まれやすいのが実は求人紹介のフェーズです。求職者からすると、紹介された求人に興味がなくスルーしただけだっとしても、それが何回か繰り返されると転職エージェントは以下のように考え始めます。

『◯◯さんは応募に慎重な方かもしれないから、求人紹介はもう少し慎重になったほうがいいかな…』

『◯◯さんは求人紹介しても全然反応ないから、もしかすると他で転職先が決まっているかもしれない。求人の紹介は控えようかな…』

希望に合った求人が見つかれば積極的に応募したかったとしても、誤解で求人の紹介が減少することだってありえます。

転職エージェントからの紹介求人が仮に希望と異なったとしても、応募しない理由を簡単で構わないので連絡しましょう。

そうすることで、誤解も生まれにくいですし、求人紹介の精度も上がっていくので、少しの手間で転職活動がうまく進むこと間違いなしです。

転職エージェント以外で応募した求人の情報も共有する

これは意見が分かれそうなポイントですが、他経路の応募先情報はオープンにすることをオススメします。他経路の応募先を伝えることによって、求職者が不利になることはないからです。

他経路の応募先を隠していても、終盤になると言わなければいけないことも出てきます。そのタイミングでの共有は信頼関係にヒビが入るかもしれません。

また、応募先をオープンにするメリットも複数あります。

  • 応募先情報から求職者の志向性が理解でき、求人紹介の精度が上がる
  • 重複した求人紹介を避けてくれるので手間が省ける
  • 選考タイミングやスケジュールを他経路の応募先と合わせてくれる

などです。上述の通りオープンにするメリットは十分あるので、他経路の応募先情報はオープンにして転職エージェントと付き合うと転職活動がスムーズに進むでしょう。

面接対応可能なスケジュールを事前に共有しておく

転職活動を進めていくなかで大変になってくるのが面接日程の調整です。中途採用の面接は通常平日の日中に行われるので、仕事をしながらの面接日程調整は特に大変です。

その日程調整を楽に進めるコツは、自分のスケジュールを転職エージェントに開示することです。9日(火)は18:00以降調整可、10日(水)NG、11日(木)12:00-15:00まで調整可という具合です。

自分からスケジュールを開示すれば、転職エージェントはできるだけアナタの都合に合わせて面接の日程調整をしてくれます。

逆に、受け身で調整を進めると、応募企業の都合にアナタが都合を毎度合わせることになるのです。この違いは思いのほか大きいです。

自分からスケジュールを開示すれば、有給を取得しなくても面接に行けたのに、それをしなかったせいで2日も有給を取ることになり、勤め先で急な有給が続いたことで怪しまれたり、気まずくなることもあるでしょう。

まとめ : 転職エージェントとの付き合い方

いかがでしたでしょうか。ご紹介した内容はどれもちょっとしたコツですが、これらを意識するだけで転職エージェントとの関係性は良くなり、手厚いサポートを受けることができます。ぜひ試してみてください。


転職エージェントランキング




Pocket