転職エージェントの模擬面接を効果的に活用するには事前準備が重要

Pocket

更新日 : 2018-09-21

転職エージェントの模擬面接ってどんなもの?転職活動における模擬面接の重要性や準備の方法などを徹底解説します。

準備なしで転職エージェントの模擬面接に臨んでも効果は薄いので、ご一読頂いてから模擬面接に臨むことを強くお勧めします。

 

  厳選!おすすめ転職エージェントランキング
  エージェント   年代と特徴   詳細
ビズリーチ 【30代〜50代】現年収600万以上のハイクラスに特化 詳細を見る
リクルートエージェント 【20代〜40代】32万人以上!転職成功実績No.1 詳細を見る
doda 【20代〜35歳】転職者満足度No.1。非公開求人多数 詳細を見る

ランキングをもっと見る

転職エージェントの模擬面接はロールプレイングとフィードバックの繰り返し

応募企業を想定した実際の面接ロールプレイング

転職エージェントは、過去の紹介者から面接情報をヒアリングしているため、よく聞かれる質問や面接の傾向などを把握しています。

それらの情報をもとに本番さながらの面接ロールプレイングを実施します。面接官が入ってくるところから始まり、実際面接で行われるであろう質問や質疑応答などをやや実際の面接よりは短い時間で実施します。

キャリアアドバイザーが面接官役として、様々質問してくれるので本番の面接のつもりで応対しましょう。

面接官が感じるであろう印象をフィードバック

面接のロールプレイングが終わるとキャリアアドバイザーが面接官から見た印象という観点で良かった点・課題点のフィードバックをしてくれます。

面接の準備というと話の内容ばかりに目が行きがちですが、面接における印象面は非常に重要です。メラビアンの法則をご存知でしょうか?

アメリカUCLA大学の心理学者/アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念。人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う概念。メラビアンが提唱する概念において、初対面の人物を認識する割合は、「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55% 、「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%、「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%と言われている。

アルバート・メラビアンによると初対面の人の第一印象の93%を見た目と声のトーンなどで決まるようです。面接という特殊な出会いにおいては、言語情報の割合が少し上がりそうですが、それでも人の印象の大部分が会話内容以外で決まってしまいます。

面接で非常に重要な印象面をキャリアアドバイザーがプロの目線からフィードバックしてくれます。『むっ』とするようなフィードバックもあるかもしれませんが、本番で良い印象を与えるためなので、真摯に受け止めましょう。

会話内容と伝え方を面接官に伝わりやすいように調整していく

続いて、キャリアアドバイザーより面接での応答を面接官に魅力的に伝えるための具体的なアドバイスをしてもらいます。会話内容だけではなく、面接での伝え方までプロの目線で調整していきます。

面接では、応募者が伝えたいことと面接官が知りたいことにギャップがあることがよくあります。ここで、伝えたいことを面接官が知りたい内容に変換・調整していきます。

【Before】成果を出しても年収が上がらないから嫌で辞めたくなった

【After】成果が収入と連動する厳しい職場で自分を試したい

いかがでしょう?同じことを言っているのですが、随分印象が違うのではないでしょうか?このような形で伝え方を修正していくのがこのパートです。

転職エージェントの模擬面接までに準備しておくべきこと

模擬面接だからといって侮ってはいけません。準備せずに臨むと上手く対応できずタジタジになること間違いなしです。

最低限以下の準備をしておくことをお勧めします。

面接で伝えたいことを文章として書き出しておく

面接で伝えたいこと、アピールしたいエピソードは文書で書き出して整理しておきましょう。頭のなかで考えるだけでは不十分で書き出すことをおすすめします。

参考までに準備しておきたい質問項目をまとめておきます。

最低限押さえておきたい 自己紹介をしてください
これまでの職務経歴を教えてください
転職理由を教えてください
当社を志望した理由を教えてください
当社にご入社後、どのような仕事がしたいですか
今後のキャリアプランを教えてください
できれば押さえておきたい 当社に入社するとあなたの転職理由はどのように解決しますか?
一番印象に残っている仕事とそこから得られた成果を教えてください
あなたの強みと弱みを教えてください
仕事をする上で大事にしていることは何ですか?
現在の上司からあなたはどんな人だと思われていますか?
一番大きな失敗談と、その後どう仕事に活かしたか教えてください

書き出した文章を担当アドバイザーに事前に送る

面接でアナタが伝えたいと思っている内容を第三者に確認してもらうことは非常に重要です。なぜなら、自分の伝えたい内容が説得力のある内容になっているかどうかは、自分ではなかなか分からないからです。

自分では、説得力のある内容だと思っても、第三者から見た場合、全く説得力のないダメな内容であることは多々あります。

第三者目線でキャリアアドバイザーからフィードバックをもらい、軌道修正することで面接応答のクオリティーは格段に上がります。

模擬面接を意識して声に出して数回練習しておく

面接での応答内容を書き出して、キャリアアドバイザーにフィードバックをもらうだけではまだ不十分です。

準備した内容を、声に出して練習しておきましょう。声に出して練習をすると辻褄が合わない部分に気づけたり、上手く伝えられない部分に気づけたりと格段に精度が上がります。

鏡の前で練習して印象面のチェックをしたり、録音しておき聞き直すなどするとさらに効果的です。

声に出して練習しておかないと、模擬面接でうまくいかなくて恥をかいてしまいます。そうすると面接に苦手意識が芽生えてしまい悪循環となっていきます。

逆にしっかりと準備をして模擬面接に臨むことができれば、上手く応答できるので自信を持って本番の面接に臨めること間違いなしです。

まとめ : 転職エージェントの模擬面接

転職エージェントの模擬面接がどんなものかイメージつきましたか?キャリアアドバイザーとの模擬面接は転職を成功させる上で重要な”面接力”を高める非常に有効な手段です。

『模擬面接は恥ずかしいから抵抗がある』という方もいらっしゃるでしょうが、本番の面接で失敗するよりはマシなので、ぜひ積極活用してください。


転職エージェントランキング




Pocket