DODAの評判・口コミを徹底検証!キャリアアドバイザーや求人の質からDODA出身者の本音インタビューまで

DODAキャリアカウンセラーイメージ
Pocket

こんにちは、転職エージェントナビ運営事務局です。初めて転職エージェントを利用する人は大手のリクルートエージェントDODAを比較して、どちらを利用すべきか迷うことが多いのではないでしょうか?

試しに『DODA 評判』でググってみたところ、常時SSL化(*)すら対応していない素人が作成したWebサイトばかりでした。

*「常時SSL化」とは

Webサイトを安全に閲覧してもらうために、サイトのWebページをすべて暗号化することを「常時SSL化」といいます。 常時SSL化を行うことにより、Webサイトのトップページから、暗号化されたプロトコルを使用した安全なコンテンツであることを示す「https」が表示されます。

記事を読んでみると事実に基づいて書かれている記事が非常に少ないと感じたため、この記事は過去にDODAで働いていたキャリアアドバイザーに監修してもらいました。(つまり事実に基づいて書いてます)

宣伝的な内容ではなく、求職者の利用検討の参考になる情報だけを厳選しました。ぜひご覧ください。

DODAの基本情報

DODAはパーソルキャリア株式会社(旧 株式会社インテリジェンス)が運営する転職エージェントサービスです。売上規模は業界第2位で、以下が基本情報です。

転職エージェント名 DODA
運営会社 パーソルキャリア株式会社
設立 1989年6月15日
拠点・本社 北海道 / 宮城県 / 東京 / 神奈川県 / 大阪府 / 京都府 / 兵庫県 / 広島県 / 福岡県
得意分野 第2新卒〜30代中盤 / WEB業界 / エグゼクティブ層 / 海外転職支援
求人数 100,000以上(80%-90%が非公開求人)
利用料 無料

まず最初にDODAの利用に向く求職者のタイプをご紹介しておきます。1つでも当てはまる方はこの先も読み進めてください。

【DODAの利用に向く求職者のタイプ】

  • 大卒以上で初めて転職を検討している方
  • 第2新卒〜35歳までの方
  • たくさんの選択肢から自分で求人を選びたい方(≠厳選した求人を紹介してほしい方)

よく比較されるのはリクルートエージェント。DODAとリクルートエージェントの違いは?

人材業界出身者に転職相談すると、リクルートエージェントDODAのどちらかに登録しておけば良いという方がとても多いです。

理由はこの2社だけが飛び抜けて求人数が多く、サービスも安定しているからです。

さっそく違いを見ていきましょう。まずは数字での比較です。

DODA リクルートエージェント
年間転職支援実績 約18,000 約30,000
求人数 約100,000 約170,000
非公開求人の割合 80%〜90% 約75%
拠点数 9拠点 15拠点
分業制・両面型 分業制 分業制

数字上はリクルートエージェントのほうが成績が良さそうです。実は保有している求人数もかなり差があるのですが、規模が大きすぎて1求職者としては、求人の紹介数などはあまり差を感じないケースが多いようです。

では、どんなところで差を感じるケースが多いのでしょうか?数字以外で比較した時のDODAの特徴は以下の3つです。

【DODAの3つの特徴】

  • 10年以上前から転職ビッグデータを蓄積しているため、根拠のある提案が多い
  • キャリアアドバイザーに人間味があり、接しやすい人が多い
  • 第2新卒から35歳くらいまでの若手〜中堅の年齢層の転職支援実績が非常に多い

DODAには論理的思考を重んじる文化があります。社員は、求職者に対しても求人企業に対しても具体的な根拠(データ)を明示することが求められます。

そういった背景もあり、キャリアアドバイザーからの提案が他社と比較すると具体的で根拠があることが特徴の一つです。

一方、リクルートエージェントの特徴として『事務的』ということが一つあげられます。オペレーションに重きをおく文化があり、社員は、徹底的に効率化することが求められます。

『対応が事務的だった…』

という感想を持つ求職者が多いのは、これが理由です。

DODAは逆に、求職者の感情に寄り添うキャリアアドバイザーが多く、親身に相談の乗ってもらえることが多く、キャリアアドバイザーを接しやすいと感じる求職者が多いようです。

最後にDODAの最大の特徴として、35歳までの転職支援が圧倒的に強いことがあげられます。近年はハイキャリア層の転職支援も実施していますが、転職決定者の半数以上が35歳以下です。

35歳くらいまでの求職者をメインターゲットとしてサービスを展開していますが、その中でも未経験者や若手のキャリアチェンジなどの支援も得意としており、実績も豊富です。

キャリアアドバイザーの質がピンキリ。新卒の正社員は超優秀。しかし正社員じゃないアドバイザーが担当することも多い!?

キャリアアドバイザーの質は、かなり当たりハズレがある印象です。以前はかなりレベルが高い印象でしたが、最近は非正規社員のキャリアアドバイザーの割合が増えているようで、担当するキャリアアドバイザーによってレベル差があります。

パーソルキャリアは新卒採用が非常に上手な会社であり、超人気企業を蹴って入社する社員も多く、現在も新卒入社の社員はかなり優秀です。非正規社員とのレベル差は残念ながら否めません。

大手転職エージェントの共通の課題ですが、キャリアアドバイザーは本当に担当してもらう人次第です。もし合わないと思ったら担当変更するか、別の転職エージェントに登録することをおすすめします。

キャリアアドバイザーの当たりハズレがあるのは否めませんが、DODAは選考通過率を上げるノウハウが豊富です。そのノウハウを、キャリアアドバイザーから求職者に伝えることを徹底しています。

そういった意味では、どんなキャリアアドバイザーが担当になっても、書類選考と面接の通過率を上げるためのアドバイスは的確と言えるでしょう。面接に自信がない人には、DODAの面接対策は非常に効果的です。

また、DODAは分業制(求職者と求人企業の担当が別)のため、キャリアアドバイザーが求人企業の細かい情報を知らないことが多いです。

細かい情報が知りたい場合は、求人企業の営業担当に繋いでもらうと詳細の情報をGETできますので、キャリアアドバイザーに依頼することをおすすめします。

DODAの求人マッチングは質より量!?

DODA求人イメージ

次は、DODAの求人マッチングについてです。求人数自体は、最大手のリクルートエージェントに次ぐ業界2番目の多さです。が、マッチングの質はキャリアアドバイザーにもよりますが、△です。DODAは完全に

求人の量 >>> 求人の質

です。

求職者にベストマッチの求人を1件紹介することより、求職者の可能性を広げることに重きをおいており、通過可能性がある求人は漏れなく紹介するキャリアアドバイザーが多いです。

人によっては、求人紹介数が多すぎてウザいと感じるかもしれません。

DODAは、まだ世の中のほとんどの人が機械学習という言葉を知らない10年以上前から、求職者・求人・転職実績のデータを蓄積し機械学習やAIに巨額の投資をしていたそうです。

上記の投資の効果もあり、キャリアアドバイザーの記憶ベースの求人マッチングではなく、求職者のデータとビックデータをかけ合わせて、AIがマッチングしているため精度も一定高い状態でたくさんの求人がマッチングされるようです。

この仕組は非常に素晴らしいですが、専門エージェントみたいな丁寧なマッチングというよりは網羅性高くたくさん求人を紹介してくれる機能なので、求職者によって合う・合わないが分かれる傾向があります。

たくさんの求人の中から自分で選びたい人には最適ですが、マッチング自体をキャリアアドバイザーに期待する人には合わないです。

そういう人は別の転職エージェントの利用をおすすめします。

DODAの口コミを紹介

続いて、転職エージェントナビに寄せられたDODAの口コミをご紹介します。

27歳  / エンジニア / 男性の口コミ  5.0

元々派遣エンジニアとして働いていたが、そろそろ正社員として働きたいと考えDODAに登録しました。正直、正社員として働けるか不安だったが、担当コンサルタントが転職市場や業界に詳しい方で、新卒の就職活動の時との景気の違いによる転職マーケットの情報や現在のスキルセットによる転職の可能性を丁寧に教えてくれたため、自信を持つことができた。コンサルタントがおすすめしてくれた求人にいくつか応募したところ、3社も内定を頂くことができた。年収も150万近く上がる大満足の転職となった。

投稿日 : 2017/05/21

20代  / 製造業 / 男性の口コミ 4.0

結果として紹介された会社には就職してはいません。初めて使用したのですが、親切に紹介してもらいました。勤務地や給料、どのような職種や職場など、細かく探していただき求人サイトでは見ない職場が多かったでした。条件がいいところが多かったのですが、どうしても都心が多く、引っ越しが必要になってしまう為お断りしました。初めてと言うことでいろいろ話を聞いてみたところ、多少必要条件が足りないことや条件を交渉してくれたり、面接や履歴書の話を聞けたりとフォローがとてもよかったです。また、ノルマがあるとは思うのですが企業を押し付けるようことはなく、主体で探すことができ引っ込み思案な私でも使いやすかったです。もし機会があればまた使用してみたいと思いますし、知人で転職を考えている人がいるなら紹介しても良いと思いました。

投稿日 : 2017/02/17

28歳  / メーカー営業 / 男性の口コミ 4.0

登録をしてから電話連絡来るまでが異常に早く、面談までが非常にスムーズだった。初めての転職だと伝えたところ、転職活動の進め方やコツ、DODAのサービス説明などを30分くらい丁寧にしてくれた。また、単なる経歴の確認ではなく、学生時代まで遡るようなヒアリングと自己分析するためのアドバイスもあり、志望業界の整理までサポートして頂いた。求人も非常に多く、50件くらいあった。その中でも自分にあった企業を数社お勧めしてくださり、10社くらい応募手続きをとって頂いた。その結果、たくさん面接が入ってしまい、頻繁に仕事が休むのが難しく、調整が難航してしまった。結局、全て面接に行くことはできなかったが、DODAから紹介してもらったメーカーに転職することができた。

投稿日 : 2016/12/17

口コミをもっと見たい方はコチラからご覧ください。

DODAの口コミ・評判(全8件)

DODA出身者の本音インタビュー!DODAは良いエージェント?悪いエージェント!?

過去にDODAでキャリアアドバイザーとして働いていた経験がある方にインタビューしました。なかなか表に出てこない情報が満載です。

【元キャリアアドバイザー / 現インターネット企業面接官】
私がDODAでキャリアコンサルタントを初めた頃は、非常に営業ノルマが厳しかったこと・買い手市場であったことから求職者の幸せよりも営業ノルマを優先するような方が多い印象でした。
時代は変わり、求職者優位の売り手市場になり現在は紹介を受ける立場ですが、その印象はなくなりました。
DODAから求職者をご紹介頂く立場になり、ここ数年で少し印象も変わってきました。以前は誰彼構わずとりあえず数をご紹介してくる印象でしたが、現在は比較的マッチングの精度が上がってきていると感じています。求職者の情報提供も細やかであり、信頼する転職エージェントの一つです。
もし自分が転職活動をするのであれば、間違いなく登録する一社ですね。

まとめ

この記事の最初にお伝えしたDODAの利用に向くタイプを思い出してみましょう。

【DODAの利用に向く求職者のタイプ】

  • 大卒以上で初めて転職を検討している方
  • 第2新卒〜35歳までの方
  • たくさんの選択肢から自分で求人を選びたい方(≠厳選した求人を紹介してほしい方)

該当する方はぜひ、以下より登録してみてください。

まだ、リクルートエージェントとの違いが解らない!という方は、口コミ・評判のページも参考にしてください。

リクルートエージェントの口コミ・評判(全23件)

余談ですが、DODA出身の人事担当者は非常に多いです。特に、インターネット業界やスタートアップ界隈には大勢OB・OGがいます。

インターネット業界やスタートアップ界隈での転職をご検討されている方は、書類選考が通過しやすかったり、濃い情報が得られるなどのメリットがあるかもしれませんね。

転職エージェント人気ランキング


リクルートエージェントイメージ 第1位 : リクルートエージェント 4.0

約32万人の転職支援実績を持つ、転職実績No.1の転職エージェントです。求人数 : 約170,000件 / 拠点が多い / 平日夜や土日面談可能


 第2位 : 社内SE転職ナビイメージアイムファクトリー 3.7

IT/WEB/ソーシャル業界に特化したエンジニア専門の転職エージェント。IT/WEBの求人多い / 社内SE以外の求人豊富 / 企業の内情に精通 / 転職急かされない


パソナキャリアイメージ 第3位 : パソナキャリア 3.5

人材派遣から始まった大手転職エージェント。2016年オリコン日本顧客満足度ランキングでは「総合人材紹介会社 女性部門第1位」


DODAイメージ第4位 : DODA 3.4

業界第2位の転職エージェント。求人数10万件以上 / 約80%が非公開求人 / 第二新卒歓迎 / 35歳までの転職支援に強み 


type転職エージェントイメージ第5位 : type転職エージェント 3.4

転職サイトで有名な『@type』を運営する東証一部上場の転職エージェント。71%が年収アップ / 一都三県 / 1人にかける時間長い


Pocket