社内SEとは?現役社内SEに仕事内容・年収・スキル・資格について聞いてみた

こんにちは!転職エージェントナビ編集部です。

この記事は、大手IT企業で社内SEを担当しているIさんに、社内SEのお仕事に関するアレコレをインタビューした内容をまとめています。

まずは、Iさんのプロフィールをご紹介。

Iさん(36)
新卒でSIerに入社し、インフラ関連業務に従事。その後、大手比較サイトにインフラエンジニアとしてジョイン。その後、上場インターネットメディア企業に転職し、ここで初めて社内SEを経験。その後、ニュースサイト大手を経験し、現在は大手IT企業で社内SEチームのリーダーとして勤務。社内SEにキャリアチェンジしてからは全ての転職で年収アップに成功している社内SE転職のプロ。

このインタビューでは、現役社内SEのIさんに仕事内容年収スキル資格などについて赤裸々に語って頂きました。

社内SEへのキャリアチェンジに興味がある方向けに、社内SEのリアルが具体的にイメージできることを目指しまとめました。

この記事を読んで頂ければ、社内SEが自分に向いているかどうかを判断できたり、転職活動を始めるイメージを持てたり、具体的な一歩が踏み出せるようになります。

  スカウトが届く転職サイトランキング
  転職サイト  年代と特徴  詳細
  キャリアカーバー【30代〜40代】厳選された優秀なヘッドハンターからスカウトが届く詳細を見る
  ビズリーチ【30代〜50代】年収600万以上のハイクラス求人のスカウトが届く詳細を見る
  ミイダス【20代〜30代】驚異の書類選考合格率100%のスカウトが届く詳細を見る

社内SEとは?具体的な仕事内容を現役社内SEに聞いてみた

まずは社内SEとはどんな仕事か具体的にイメージできるよう、Iさんに社内SEの仕事内容を詳細に聞いてみました。

編集部

Iさん、本日はよろしくお願いします。
よろしくお願いします!

Iさん

編集部

さっそくですが、社内SEとはどんなお仕事か教えてください。
社内SEは、自社の情報システム部門などに所属し、自社システムの企画・外部ツールの安定運用・アカウントやライセンス管理・セキュリティ面の面倒を見たりするSE(システムエンジニア)のことです。
客先常駐ではなく所属企業に出勤するのが一般的ですね。

Iさん

自社の情報システム部門に所属し、IT関連のアレコレを色々する人ということはわかりました。

もう少し具体的に仕事内容がイメージできるよう、Iさんに詳しく聞いてみます。

社内SEの仕事内容は会社や組織の状況により少しずつ違うという前提ですが、

・社員が利用するパソコンのセットアップ/修理/交換
・社員のITやシステムに関する困りごとの相談窓口としてのヘルプデスク業務
・入退社/異動に伴うユーザーアカウントやライセンスなどの管理
・社内で利用する勤怠管理、会計、チャットツールなどの業務システムの導入及び保守
・ネットワーク機器やサーバーの運用管理
・リモートワークの環境整備
・自社システムの企画/開発
・セキュリティ対策
・コーポレイトサイトの運用
・情報機器の資産管理
・ISMS対応

などでしょうか。

Iさん

私自身、社内SEってこれまでヘルプデスクのイメージが強かったですが、仕事内容はかなり幅広いということがわかりました。

Iさんにインタビューした内容をカテゴリ毎に分類・整理してみたのでメモとして残しておきます。

MEMO
1.入退社/異動に伴うパソコンのセットアップやアカウント管理
2.社員からの問い合わせ対応(ヘルプデスク業務)
3.社内システムの企画・開発・運用管理・保守
4.ネットワーク機器やサーバーの運用管理
5.その他(セキュリティ・資産管理など)

どの業務の比重が大きいかなどは、会社の状況(規模や人員構成など)・IT戦略などによっても異なるようですが、概ねこの5つの分類に紐づく業務が社内SEのお仕事という整理です。

1.のパソコンセットアップやアカウント管理は、それほど専門性を問われないため新人やアルバイトスタッフさんが担当することが多いそうです。

2.のヘルプデスク業務は日々本当に色々な内容の連絡が来るそうで、都度調べながら対応しているそうです。時には社内SE管轄ではないシステム(例えばフリーソフトとか)に関すること、初見のシステムに関すること、温度感が高いクレームのような問い合わせもあり、けっこう神経を使う業務だそうです。

3.に関して、最近では社内用システムを企画・開発するより、社外ベンダーのシステムを活用するケースが多いとのこと。システム導入の企画やベンターの比較検討や現場の協力要請なども業務範囲になり、管理部門の企画職のような要素もあるようです。

4.に関して、インタネット環境・電話など社員が当たり前に利用するものの環境整備も社内SEの大事なお仕事だそうです。電話とかも業務範囲とのことで、やはり幅が広い。最近はクラウド化が進んでいますが、自社サーバーがあればそのサーバーの運用管理なども担当するそうです。

5.に分類したセキュリティや資産管理などは会社の規模によっては、社内SE担当ではなく専門部署があったりするケースもあるようです。とにかくシステムやネットワークに関することであれば何でも社内SE担当というケースが多いので、雑多な業務が多いことも理解しておきましょう。

こう見ると、一見技術的な業務内容が多いように見えますが、何をするにも【社内調整】がついてまわるそうで、コミュニケーション能力も非常に重要とのこと。

全社に関わるような案件も多いという特徴から、時には社長や役員のようなお偉いさんと調整してPJTを進めたりすることもあるようで、少々緊張感が高めの案件もあるようです。

社内SEとシステムエンジニアの違いとは

次は、社内SEとシステムエンジニアの違いについて聞いてみました。

社内SEとシステムエンジニアはまったく異なる職種ですよ。

Iさん

システムエンジニアって一般的にSIerのSEのことを指します。顧客(クライアント)のシステム開発するのが主な業務で、稀に保守契約をしたりもしますが、基本的には開発メインのお仕事です。開発が終わるとまた別の顧客のシステム開発する案件にアサインされ、勤務地は案件毎に変わっていくのが特徴です。
また、SEと言っても必ずしも技術的なことをするわけではなく、上流になればなるほど仕様を決めたり調整したりというコードを書かない業務が多くなり、ExcelやPowerPointでの資料作成業務が多かったりします。

Iさん

同じSEとい職種名でもかなり違いがありそうですね。

一方、さっき仕事内容について説明しましたが、社内SEは自社の社員を顧客として、IT環境を整備したり、不便を解消するお仕事ですよね。

Iさん

Iさんのお話をベースに社内SEとシステムエンジニアの違いを整理してみました。ややIさんの主観も入っていることは否めませんが、両職種の特徴をとらえた整理になっています。

社内SEシステムエンジニア
仕事内容社内のIT環境の整備クライアントのシステム開発
クライアント(顧客)自社の社員社外の発注者
勤務地自社で固定案件毎に、発注者のオフィスがある場所に変更
残業比較的少ない企業が多く、自分でコントロールしやすいためワークライフバランスが◯なケースが多い比較的多い案件が多く、自分でコントロールしづらいため、ワークライフバランスは△なケースが多い
給与 / 待遇企業によるが、それほど高待遇ではない企業にもよるが、高待遇のケースが多い。特に上流工程を担当する企業で高給の傾向が強い
身につくスキル幅広いが浅い技術力 / 調整力顧客の業界や商習慣に特化したニッチな業務システムに関する技術 / 交渉力
ストレス自社社員が顧客であったり、納期がタイトな案件が少ないため、それほど高くない社外顧客とのハードな折衝や納期が厳しい案件が多いため、とても高い

社内SEとシステムエンジニアは名称こそ似てますが、似て非なる職種のようです。

業務内容も異なりますが、システムエンジニアは給与 / 待遇が良い分、忙しかったりストレスがかかる傾向が強く、社内SEは真逆で給与 / 待遇がそれほど良いわけではないが残業が少なかったり、ストレスが過度にかからないという特徴があるようです。

一長一短ではありますが、世のワークライフバランスを重視する流れからか、年収を大きく下げてでも働きやすさを求めてシステムエンジニアから社内SEへキャリアチェンジ・転職する方は比較的多いようです。

社内SEに向いている人と向いてない人の違いとは

次は、社内SEに向いている人・向いてない人の違いを聞いてみました。

社内SEに向いている人の特徴は、
・コミュニケーションを取ることが多いので、社交的な人
・話しかけやすいオーラがある人
・縁の下の力持ち的な人
・サービス作るわけじゃないから、目立ちにくいけどそれが苦痛だと感じず、黒子役に徹することができる人
・突発的な業務が多いため、業務の優先順位をつけられる人
・マルチタスクが得意な人
・改善が好きな人
・従業員からのクレームの窓口になることもあるので、ストレス耐性が一定以上ある人
などでしょうか。

Iさん

技術的な要素がほとんどないのが意外でした。Iさん曰く、IT技術に関する知識がまったくないのは困るけど、技術力はベースがあれば十分でそれよりも性格的な部分が重要だそうです。

前述のとおり社内SEは人気職種なので、キャリアチェンジしてなる方もかなり多いそうですが、明らかにミスマッチだなと感じる人も一定数いらっしゃるようです。

Iさんがたくさん向いている人の特徴をあげてくれましたが、整理すると3つ程度に集約できたので、社内SEに向いている人の特徴メモとして残しておきます。

MEMO
1.社交的でコミュニケーションが好き
2.マルチタスクが得意
3.改善や効率化が大好き

これらの特徴に合致する人は、社内SEに向いている可能性が高そうです。

続いて、社内SEに向いていない人の特徴を聞いてみました。

次は、向いていない人の特徴なんですが、
・くだらない質問にイラっとする人
・コスト意識が低い人
・話しかけにくいオーラの人
・報連相が苦手な人
・与えられたことを黙々とやる人
・マルチタスクが嫌いな人
あたりでしょうか。
パソコンが壊れました…と連絡があり、見に行ってみると電源がささってないだけなんてこともザラなので、イラッとしないことは特に重要かもしれません。

Iさん

向いている人の特徴の逆ですね。よって、向いている人の特徴メモに合致しない人は社内SEに向いてないと考えたほうが良さそうです。

それにしても、呼ばれて行ってみて、電源ささってないだけだったら、普通の人はイラっとするでしょうから、社内SEには広い心と優しさは必須ですね。

転職活動では、社内SE転職ナビと大手人材紹介会社を併用するのがコツ

次は、社内SEの転職事情について、聞いてみました。

転職経験が豊富なIさんの転職活動スタイルについて伺ってみました。

社内SE転職ナビ』と大手人材紹介会社を併用することが多いです。大手だと普通に『リクルートエージェント』とか『マイナビ』を使ってますね。

Iさん

Iさんは転職エージェント経由で転職活動することが多いようです。自分で探して応募するのとかは面倒だそうで、転職エージェントから紹介された求人の中から選ぶとのこと。

というのも社内SEの求人募集は少し特殊だそうで、必ず1社につき1ポジションしか募集しないという特性上、掲載課金型の転職サイトにはあまり載っていないことが多く、自分で探すのが面倒なようです。

上記より、転職サイトではなく転職エージェントを利用するそうですが、専門性が高い求人でもあるので、キャリアアドバイザーのIT知識がないと上手く進まいケースもあり、その点がとても重要とのこと。

いつもメインは『社内SE転職ナビ』を使うんですけど、大手も念のため登録しておく感じです。

社内SE転職ナビ』は、社内SEに特化しているだけあって、社内SE求人が多くて4,000社程度と取り引きがあります。IT業界以外の社内SE求人も多いですよ。また、担当のキャリアアドバイザーが技術や求人企業に詳しいのが特徴で、話が早いので重宝してます。大手の担当者だと全然ITのこと知らなかったりするケースもあるので 笑

しかし、大手にしかない求人というのは一定数あるので、それを紹介してもらうためだけに、保険として登録はしておきます。

Iさん

  社内SE転職ナビ公式サイト :

https://se-navi.jp/
※【登録無料】社内SEの転職支援実績15,000人。転職するか決めてなくても大丈夫。とりあえず情報収集を開始したい、社内SEの質問があるという方はこちら…続きを見る

転職経験が豊富なIさんは、社内SEに特化した『社内SE転職ナビ』がお気に入りのようです。このサービスはアイムファクトリーというエンジニアに特化した人材紹介会社が運営しています。

アイムファクトリーを利用した転職者の評判・口コミ【全11件】

さらにIさんに詳しく聞いてみると、年収アップ転職の秘訣もここにあるようです。

今のところ『社内SE転職ナビ』メインで転職活動をした結果、毎回年収アップに成功しています 笑
今はITエンジニアの不足感が強く、有効求人倍率が高い状況です。社内SEも例外ではありません。需要過多な時期であれば、年収アップの転職もそれほど難しくありません。

年収アップ転職のコツは、はっきりとエージェントに年収を上げたい希望を伝えることです。

Iさん

年収アップを希望する旨を遠慮して伝えない方もエンジニアには多いそうですが、ハッキリと伝えることで年収アップの可能性は大きく上がるそうです。

社内SEに必要なスキルと技術とは

次は、社内SEに必要なスキルと技術について聞いてみます。

社内SEは技術力はもちろん必要です。しかし、技術力だけでは駄目です。技術力以外にもコミュニケーション能力やプロジェクトマネジメントスキルがあることが望ましいです。社内スタッフとのコミュニケーションや調整業務が多かったり、マルチタスクをこなす必要があるためです。あとは相談されやすさというか、社内スタッフに信頼されるための関係構築スキルも非常に重要ですね。

Iさん

技術力はベースで、それ以外にも複数のスキルが求められるのが社内SEという職種のようです。技術力以外ですと【コミュニケーション能力】【プロジェクトマネジメントスキル】【関係構築スキル】の3つが特に重要スキルとのことです。

なお、技術力も必要とのことでしたので、具体的にはどんな技術が必要なのか深掘りしてみました。

意外かもしれませんが、プログラミングのスキルやサーバーの知識などは必須ではないケースが多いです。社内SEで必須のスキルは、
・PC全般の知識(Windows/Mac両方)
・ネットワークの知識
・Active Directoryの知識
・セキュリティーの基礎知識
・最新技術へのキャッチアップ姿勢
などでしょうか。
社内SEは浅く広い知識が求められます。一般的なエンジニアは専門性を突き詰めるケースが多いので、真逆ですね。

Iさん

プログラミングやサーバーの知識が必須ではないというのはかなり意外でした。もちろんあるにこしたことはないのでしょうが、それよりも【PC全般】【ネットワーク】【Active Directory】の技術知識のほうが業務でよく使うとIさんは教えてくれました。

Iさんは、3社で社内SEをご経験されており、いずれの企業でもこの3つの技術知識は活きるとのことなので、社内SEとして特に重要な技術知識と考えて間違いなさそうです。

なお、Active Directoryって何?となった方はこちらの記事を参考にしてみてください。

社内SEが持っていると転職時に評価されやすい資格とは

Iさんへの最後のインタビューは資格についてです。

転職する時あんまり資格について聞かれたことないですね。

Iさん

年齢にもよるのでしょうが、転職時は資格についてあまり問われないそうです。

しかし、資格については気になる方も多いであろうと予測されるため、あえて挙げるとすると、どんな資格がおすすめか聞いてみました。

あくまで資格より実務経験が重視されるという前提ですが、転職活動時に持っておくと良い資格は、
・ITパスポート試験(iパス)
・基本情報技術者試験(FE)
・応用情報技術者試験(AP)
・情報処理安全確保支援士(RISS)
・プロジェクトマネージャー試験
・システムアーキテクト試験
・システム監査技術者試験
・ネットワークスペシャリスト
あたりでしょうか。
でも、ほんと実務経験のほうが大事ですからね。そこはお忘れなく。

Iさん

資格は転職活動においては大事じゃない!と言いながら渋々教えてくれました。

Iさんに教えて頂いた資格がどんな資格か簡単にまとめておきます。

資格名概要・難易度
ITパスポート試験(iパス)ITパスポートは、ITを利用する全ての社会人や就職を控えた学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格。

具体的には、新しい技術(AI / ビッグデータ / IoTなど)や新しい手法(アジャイルなど)の概要に関する知識をはじめ、経営全般(経営戦略 / マーケティング / 財務 / 法務など)の知識、IT(セキュリティ / ネットワークなど)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う初歩的な試験。

難易度 : ★☆☆☆

基本情報技術者試験(FE)基本情報技術者試験は、IPA(情報処理推進機構)が試験を実施している情報処理技術者試験の一試験区分であり、「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家資格。

IT業界で働くなら、この内容は理解しておくべきという内容の試験で、ハードウェア・ソフトウェアの基本的な仕組みや動作、プログラム作成時の考え方や命令文を理解しているか、そして会社運営に関わる法律や経営全般に関わる内容が出題される試験。

難易度 : ★★☆☆

応用情報技術者試験(AP)応用情報技術者試験は、IPAが試験を実施している情報処理技術者試験の一試験区分であり、経済産業大臣が認定する国家試験「情報処理技術者試験」の12ある区分の中の1つ。

平成19年に発表された新試験制度の概要の中で共通キャリア・スキルフレームワーク(レベル1-4)のレベル3に位置付けられていて、ITエンジニアとして応用的な知識・技能を有することを国が合格者に対して証明する試験。

難易度 : ★★★☆

情報処理安全確保支援士(RISS)情報処理安全確保支援士は、IPAが試験を実施しているサイバーセキュリティ分野の日本国の国家資格。情報処理技術者試験の中で実施されていた「情報セキュリティスペシャリスト試験」の内容をベースに、2017年4月から新制度として実施されるようになった。

有資格者は情報処理安全確保支援士の名称を使用して、政府機関や企業等における情報セキュリティ確保支援を業とすることができる。

難易度 : ★★★★

プロジェクトマネージャー試験プロジェクトマネージャ試験は、IPAが試験を実施している情報処理技術者試験の一試験区分の国家資格。

試験制度のスキルレベル4(スキルレベルは1-4で設定されている)に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。

システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画を立案し、必要となる要員や資源を確保し、計画した予算、納期、品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する人を対象とした試験。

難易度 : ★★★★

システムアーキテクト試験システムアーキテクト試験は、IPAが試験を実施している情報処理技術者試験の一試験区分の国家資格。

試験制度のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。

ITストラテジストによる提案を受けて、情報システム又は組み込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計し、情報システムについては開発を主導する人を対象とした試験。

難易度 : ★★★★

システム監査技術者試験システム監査技術者試験は、IPAが試験を実施している情報処理技術者試験の一試験区分の国家資格。

試験制度のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。

被監査対象から独立した立場で、情報システムや組み込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検・評価し、監査結果をトップマネジメントなどに報告し、改善を勧告する者を対象とした試験で、ITガバナンスの向上やコンプライアンス確保に貢献できる監査人や情報システム責任者である証明となる。

難易度 : ★★★★

ネットワークスペシャリストネットワークスペシャリストは、IPAが試験を実施している情報処理技術者試験の一試験区分の国家資格。

試験制度のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。

ネットワークに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者を対象とした試験。

難易度 : ★★★★

上記は、IPAのホームページの内容を参考にまとめましたが、より詳細に資格について知りたい場合は試験概要やシラバスの一覧ページが参考になります。

社内SEの平均年収とは

*引用元 : 転職会議・社内SEの年収まとめ

最後は皆が気になる社内SEの平均年収についてです。こちらはIさんへのインタビューではなく、転職口コミサイト大手の転職会議から引用します。

転職会議によると社内SEの平均年収は【472万円】とのこと。450件以上のサンプルを元に試算しているようなので、一定信憑性は高そうです。

年齢ごとの平均年収は以下の通り。

年齢平均年収
20代前半平均326万円
20代後半平均420万円
30代平均488万円
40代以上平均614万円

いわゆるSIerのSEやWebエンジニアなどと比較するとやや平均年収は低めな印象ですね。

ただし転職会議によると社内SEの最高年収は1,460万円とのことで、選ぶ企業によっては高年収も狙える職種と言うことはできそうです。